FC2ブログ

九州鳥物帳

手持ちで撮影した鳥の写真です。あとお花、昆虫、飛行機、猫、船、電車などもあります。

遠征先の 猫ちゃん

3
ヤツガシラを求めてさ迷い歩き色々な所を探すけど今年は何故かいない。仕方がないのでもう1周しようと回っていたら~猫ちゃん登場完璧に気が付いてこちらを見ているのだけど全く逃げる様子なし(笑)俺は比較的猫ちゃんには評判が良いみたいでこの余裕の表情www結局ここから1歩も動かずこのまま寛いでいました。尚管理人が不快に思うコメントは削除させていただきます。...

春の渡り ハイタカ

10
空抜け写真でお見苦しいでしょうけどご勘弁願います。大分市の関崎海星館で撮影したハイタカ春の渡りですがアップされる頃はもう故郷かな。撮影したのが3月26日なのでもう終盤です。ノスリはもうほとんど渡ってしまっていて居残り組と幼鳥で終わると思います。今年はサシバを見かけません?渡りの情報を見ている限りでは結構な数が渡っているようなのですが来ない。ま~春は秋のようにはサシバは見れないので仕方がないんだけど...

ヒメウ成鳥

14
はい皆様お待たせしました~なに待ってないって(笑)そりゃまた失礼しました。って訳でこないだの茶色の幼鳥が成鳥になるとこうなります。うまく太陽光を利用しないとなかなかこの色はでないので逆光だと苦しいです。この人頭に短い冠羽があるんです。しかも数が少ないので以外と貴重な鵜なんですよ。この後仲間と一緒に飛んで行きました。...

ガングロ のび太君

6
ノビタキの情報があちこちから出ているので遠征先で探してみるとそこら辺りのび太君だらけで(笑)大分県でも河川敷に行けば見る事が出来るのですが絶対数がちがいすぐる~のび太君とのび子ちゃんたくさん撮影したのでまだまだ何度も出てきます。あ~それからホオジロハクセキレイももう1回くらい出てくると思うのでよろしくお願いします。...

な~んだハクセキレイじゃなくて珍鳥ホオジロハクセキレイ 1

16
せっかく遠征したけど田んぼを見渡してもハクセキレイのような鳥が居るだけじゃんと~良く見ると~なんと目の下の過眼線がなくて背中が黒いので島嶼で見られる珍鳥ホオジロハクセキレイここの田んぼに5羽この後ヤツガシラを探しに少しはなれた公園へ行くとそこにも3羽そして海浜施設の前の神社さんの前のコンクリートの道路で撮影したのがこの写真でここには2羽合計でこの日は珍鳥ホオジロハクセキレイを10羽も見られたけど他...

反則級の可愛さ 絶滅危惧種 ホンドテン(黄テン) 夏毛

16
遠征先で大した珍鳥もいなくてあきらめてそこらに居る小鳥を撮影していると向うからトコトコとイタチに似てるものが俺に気付かずにまっすぐ駆けてくる。ファインダーで覗くと今までに見たことがない可愛らしい顔しかも目の上に黒いアイシャドーしてる可愛すぐる~ぅ~本当に気付いてないのか定かではないけどドンドン近くへやって来る。そしてやっと俺に気が付いたのか立ち止まって俺を見つめるその顔が何とも言えないくらい可愛す...

桜 ツグミ

14
県南のミサゴの営巣地を見に出かけた帰り道公園のトイレに立ち寄ろうと駐車場に入る時に何かが桜の木に飛んできてとまったのでカメラで確認するとツグミさんでした。せっかくお天気も良いし桜とツグミはあまり見たことがないので撮影しました。今年イスカがやって来た大分県民の森の水場にも1羽のツグミがいてイスカが水を飲みに来ると追い払うんです(笑)でも多勢に無勢で圧倒的に数が多いイスカはすぐに戻って来ます。ツグミさん...

猛禽類の渡り見てたら陸上自衛隊のチヌーク(CH47)が来た

7
猛禽類の渡りの撮影をしていたらどこからともなく轟音が聞こえてきました。ですがこの場所は海のすぐそばなので漁船のエンジン音もすごいんです。だから最初はてっきり漁船のエンジン音が響いているのだと思っていました。だけどどうも轟音が空から聞こえているようなので見上げるとチヌークでした。ここは岩国基地のオスプレイも飛ぶので期待しましたが残念でした。...

チョウゲンボウ電柱飛び出し2

12
こないだと違うチョウゲンボウ女子電柱飛び出しです。電柱から飛び出すと必ずと言っていいほど電線が入るのですがピントはバチピンできてます。このお嬢さん尾羽が数本抜けているようですね。はてカラスと喧嘩でもしたのでしょうかね~ハヤブサ科の猛禽類は目が大きくてとっても可愛いのが特徴ですよね。でもチョウゲンボウはハヤブサのようには狩はうまくないので獲物も小さな物が多いです。田んぼでは主にバッタを捕まえて食べて...

長崎シリーズ マミチャジナイ

10
長崎市野母崎の海岸の側にある田んぼで採餌していたマミチャジナイです。大分県ではあまり見かけませんが長崎県ではたくさんいましたよ。マミチャジナイとアカハラが一緒の田んぼで採餌していました。でもこの日のお目当てはキマユホオジロだったのですがすでに抜けていました。...

マナヅル 親子

10
結構前に撮影しておいたマナヅルの親子です親が警戒していますね~奥に居るのはお父さん?いやきっとお母さんだと思います。このように雛がいると親はそばを離れません。頭が真っ白いのが親鳥で頭と嘴に茶色が残っているのが幼鳥九州ではここか鹿児島の越冬地出水市、熊本県の横島干拓で見れます。...

動じないハヤブサ

12
干拓地を車で巡回していると電柱にハヤブサが止まっているのを発見したので車で接近おそらく逃げるだろうと思っていたのだが逃げない(笑)だいたい猛禽類の渡りを撮影している時でもハヤブサは高い所から降りてこない。それがこの人はどうだろうまったく逃げなくてしかもこちらをガン見御髯が細いので普通のハヤブサなのだが色合いが少し淡いような気がする。この後獲物を見つけて追いながら飛んで行きました。ご飯にありつけたのか...

ウミアイサ ペア

12
ちょっとウミアイサを探すのには時期が遅すぎたのでもう渡ってしまっていないかと思っていましたが~まだ待っててくれました。わりと近い距離とはいっても海は広いので実際はけっこう距離があります。うまいこと雄と雌の番と出会う事が出来ました。この海岸沿いは数年前に九州ではほとんど見る事がないシノリガモを撮影した場所です。あれから数年毎年シノリガモがいないか見てますがあれ以来確認できません。...

ツバメ水浴び後

12
またまた場所を移動してヤツガシラを探していたのですがやはり見つからない。そう言えば今年はいつものメンバーが遠征に来ていない?少し時期が早すぎたのかもしれないけどもうオオルリが来ていた。遊歩道を歩いている時に茂みから飛び出してきたので撮影は叶わず。折角来たので何かいないかと小さな池を見ているとツバメさんが水浴びしてた。ツバメ、サンコウチョウ、ヤマセミ、カワセミは烏の行水なので飛び込んで終わり。それを...

ニャンだお前は~でも気になるニャン

8
珍鳥求めて彷徨い歩いていると漁港の近くの草むらから猫ちゃん登場妙に落ち着いているので飼い猫さんかも?呼ぶと振り返って俺の顔をじっと立ち止まって見ていて可愛いなかなか綺麗な猫ちゃんですよね~この後何事もなかったかのように住宅街に消えて行きました。...

ヒメウ 幼羽

10
海岸沿いで海鳥を撮影しているとヒメウを見つけたんだけどなんだか色が真っ黒じゃない?光線の加減かと思って位置を少し変えてもやはり茶色にしか見えない。取り敢えず撮影してまた歩いて移動していると真っ黒いヒメウの群れに遭遇。この子はおそらく幼鳥なのですが第一回夏羽になる前のお若い個体だと思います。この後成鳥の金属光沢が綺麗なヒメウも撮影してありますので見比べると違いがわかります。...

初めて見た頭が白いスズメちゃん

12
ヤツガシラのスポットでヤツガシラはいないものかと双眼鏡で探すが見当たらない。他に何かいないかと探していると見あたるのはスズメさんが多いその他はいないかとさらに双眼鏡で探していると1か所目で見つけた珍鳥がいる。条件が良いので撮影しようとしたら以外と警戒心が強くて手ごわくて逃げられました(笑)ですが1か所目で珍鳥たくさん撮影していたので滑り止めのつもりだったので良かった。仕方がないのでスズメの飛翔シーン...

今市の参勤交代道と枝垂れ桜 2

10
先日の写真がNikonのデジイチで撮影した枝垂れ桜でしたが今回はcannonpowershotGX7で撮影したものです。24mm~100mmまでなので両方使ってみました。ここの枝垂れ桜はまだ植え付けられて年数が浅いのか幹が細い枝垂れ桜が多かったです。トップの写真が先日の信玄曲がりを反対側から撮影したものでのぼり旗の所で直角に曲がっています。詳しく知りたい方がいるかもしれないので看板も撮影してきました。この看板に熊本を出てか...

かなり遠いんだけどハジロカイツブリ 夏羽

10
かなり遠い所に居たハジロカイツブリです。ハジロカイツブリの夏羽は初めて見ましたが冬羽からは想像もつかない姿なんです(笑)まず色合いが全然違うそして一番の特徴は目の横から下へ伸びる金色の飾り羽全然違うカイツブリに見えました。そして潜ってとっても小さなお魚Getでも飲み込めなくて苦労して水に浸けては食べていました。...

イソヒヨドリ女子

12
海鳥を探しながら浜を歩いているとイソヒヨドリの女子がいました。とっても良い場所にいたので海が背景になりました。波の揺らぎとベッピンさんのイソヒヨドリの女の子繊細な柄です。...

春の渡りノスリ

12
大分市佐賀関にある鷹の渡りの撮影地関崎海星館で撮影したノスリです。この日は結構な数が渡って行ったようで総数で300羽を軽く越していました。そのうち撮影できる範囲に飛んでくるのはほんの一握なんです。ですから近くにやってきたら逃さないように連写しまくりで撮影しています。背景が空なのでこのように晴れていれば良いのですが曇りだとダメです。もうノスリも終盤なのでそろそろサシバが渡って来て今年の春は終わりでし...

肥後街道 参勤交代の今市の石畳と枝垂れ桜

6
信玄曲がりと呼ばれていてこの先で直角に曲がっている。大分市野津原町にある今市の参勤交代道の石畳と地域の方々がお世話している枝垂れ桜です。この道は参勤交代をするお殿様が通った道なのです。中川秀成、加藤清正、細川忠利、大名だけではなく伊能忠敬、勝海舟、坂本龍馬も来ています。昔のお殿様はここを通って鶴崎まで行きそこから船をつかって江戸へ参勤交代をしていたようです。トップの写真の真ん中が昔ながらの参勤交代...

ポンポコ山のタヌキ3兄妹

6
小鳥を探しながら獣道を歩いていると前方でガサゴソ何かが動いてる。近づいてみるとなんと3頭のタヌキさんやん可愛いけっこう歩いて近づいても人に慣れているのかなかなか逃げないんです(笑)おかげで近くで撮影させてもらえましたが贅沢言えば草が邪魔なんですけど~...

ウミネコ 飛び出し

10
海岸線を歩きながら海鳥を探しているとニャーニャーとウミネコが鳴いていました。撮影しようと構えた瞬間飛んだのですが~撮影した後モニターで確認してみると胴体にはピントが合ってるけど羽と足が~何かおかしいぞと気が付いてカメラを見るとあっそうだったとまり物のシャッタースピードしかもオートフォーカスとマニュアルフォーカスの中間点でレバーが止まってるやん(笑)どうりで写真が変な訳がわかりました。...

明るい所でルリ子ちゃん

10
もう居なくなったルリ子ちゃんですがなかなか明るい場所で撮影するチャンスがないんです。ハゼノ木スポットは午前中も午後も光の条件が悪いんです。したがって本来の色じゃなく群青色のように写ってしまうけど県民の森では良い場所です。この子は長崎市の野母崎半島で撮影したルリ子ちゃんでこの場所は遊歩道に出てきます。結構近くにひょっこり出てきたルリ子ちゃん可愛いです。...

チョウゲンボウ 電柱飛び出し

10
最近田んぼにチョウゲンボウがいないな~なんて思っていたらいました。海鳥を撮影しての帰り道車を運転してると住宅地の前にある畑の所の電柱にチョウゲンボウ発見鳥までの距離は80mくらいあったのですがしっかり見つけました。あ~良い子のみなさんは~危ないので絶対に真似しないでくださいwwwそして車で距離を詰めてまずは止まっている所をパチリ逃げそうな気配のないチョウゲンボウだったので車から降りて撮影していたら...

長崎シリーズ カラムクドリ

14
最近雨でネタがないのと渡りの時期なので猛禽類ばかり撮影してるので2019年4月のカラムクドリです。この鳥もなかなか珍しい鳥だそうです。この日はコマドリを見つけようと長崎県長崎市野母崎半島樺島灯台まで出かけるために早起きしました。とは言えこのカラムクドリが現れる駐車場で車中泊して起きたら早速現れました。この人はコムクドリと違って目つきが悪代官のような目つきをしているのでう~ん?本当はこの時にもう一羽...

アトリさんおいしいでっか~

12
別府市の公園にキクイタダキを探しに行ったのですが今年はいませんでした。この公園ウォーキングの方が多いのでけっこう撮影は大変です。いつもキクちゃんが来る松の木の前で待機していたのですが来ませんでした。仕方がないので水が抜かれた池を見ていると蠢くもの発見。見るとアトリのペア仲良くここでお昼ご飯食べてました。上がメスで下がオス...

チュウヒさんが物色中

8
長崎県雲仙市吾妻干拓で撮影したチュウヒです。このチュウヒ他のチュウヒとちょっと柄が違うような気がするのですが不明なのでおそらくチュウヒこの地にはチュウヒ、ハイイロチュウヒ、マダラチュウヒ雌、ウスハイイロチュウヒがいるのです。パッと見普通のチュウヒとはちょっと違うような気がしますが知識がないので難しくてわからん(笑)...

睨むシロハラ

8
ハゼノキスポットでルリちゃんを撮影ちゅうシロハラさんがご飯を食べに来ました。何を思ったかしばらくしたら降りて来てこっちを睨んでる(笑)あの~俺なにもしてないんですけど~wwwこのシロハラさんメッチャ気が強そうな顔をしているので貫禄十分でした。ヒヨドリがきたのですが全然逃げませんでしたよ。...

レンジャクスポットでアオジ

11
レンジャク待ちの間暇なので何かいないかとウロウロキョロキョロ溝の中からアオじさん登場光の加減が悪いので男の子か女の子かちょっと微妙?嘴の基部が黒いので男の子かもう~んわからん。7対3で女の子だとは思うんだけど謎...

隠れてるつもりのホシゴイ

12
レンジャクの撮影ポイントの前の小川の奥の方にある林の枝の中でじっとしてるホシゴイこれで隠れてるつもりなのだろうか?あの~丸見えなんですけど~水際にいるのは良く見かけるけどこのアングルはなかなかないような?しかも足の色がレモンイエローのような感じで不気味なゴイサギさんの幼鳥...

越冬してくれた イスカ

10
年末から大分県民の森で越冬していたイスカですが1月月末でもいたので越冬に成功したようです。この場所は彼らの食料となる松の実がとってもたくさんありしかも水場もあるので良いのでしょう。大分県民の森では毎年2~3羽くらいのイスカは確認されているようなのですが今年は多い50羽くらいのイスカが何個かの群れになってやって来ています。ま~正直大分県でイスカやハギマシコが見れるなんて思ってもいなかったので嬉しかっ...

キツツキの仲間 アリスイ

12
近所の川の河川敷で車で移動中に偶然良い場所に止まっていたアリスイです。この鳥普段はブッシュの中に居てほとんど出てこないまま移動します。こんなに撮ってくれとばかりに出てきているのはまぐれに近い(笑)車で近寄ってあまり距離を近づけすぎると飛ばれると思い手前で止まって撮影お蔭で綺麗に撮影する事が出来ました。...

長崎の野鳥たち ヤツガシラ

12
長崎市野母崎半島で2019年に撮影した珍鳥ヤツガシラです。2月中は諫早市の中央干拓でハイイロチュウヒ、チュウヒ、オオジュリン、ツリスガラ、ミコアイサ、オオハクチョウ、ホシムクドリ、紅猿子、ミサゴ、オオタカ、来ていればオオカラモズ、マナヅル、ナベヅル、マガン、アカツクシガモなどを撮影しています。3月になると舞台を長崎市野母崎半島へ変えます。野母崎半島では渡りの途中の鳥を見ることが出来ますがまだまだ1部し...

とっても可愛いジョビ子ちゃん

4
近くの山に1月にヒレンジャクを探しに出かけた時のジョビ子ちゃんです。この日は結局ヒレンジャクは撮れずでした。仕方がないので帰ろうかなと思っているとジョビ子ちゃんがやって来ました。真ん丸で可愛いジョビ子ちゃんですが至近距離なのにスターライトがwwwはいってないやんかい(笑)...

大分県民の森のミヤマホオジロ

8
オスメス大分県民の森に毎年やって来るミヤマホオジロのペアーです。上が男の子で下が女の子になります。地味な小鳥さんですが黄色が入る事により華やいで見えます。この鳥はものすごく臆病で近くに人の姿を見つけるとすぐに逃げます。したがってどうやって撮影しているかと言えば車の中からマグネット式のカーテンを張って隠れます(笑)このカーテンはネットやオートバックスで販売してると思います。カーテンの陰から撮影するとこ...

雲海とハギマシコ

12
この日は朝1番のロープウェイで山上へ向かいました。到着してロープウェイを下りるとどの方向を見ても素晴らしい雲海が出ていて良い予感それから山上までは滑る階段を登って約15分ほどミヤマキリシマの花芽を食べていると聞いていたので見るけど見当たらない(笑)あれ~居ないぞと思っていたら3羽程飛んできたので居るのを確信着地した場所を見るとミヤマキリシマのブッシュの中に入って行きました。その辺りをよ~く見るといま...

春の渡り始まっています ハイタカ

8
曇り空で空抜けですが先日の休みに関崎海星館へ鷹類の渡りを見に出かけました。この日はノスリがかなり渡って来ていて100羽を超えてました。これはハイタカなのですがハイタカは数が少なくて17羽程そのうち至近距離を飛んだのはこの1羽のみでした。今の時期はノスリ、ハイタカがメインで4月前になるとサシバも渡ってきます。ですが残念なことにハチクマは秋とルートが違うので大分は通りません。日本海側を北上して行くみた...

クロツラヘラサギ

10
長崎県諫早市中央干拓横の川で撮影したクロツラヘラサギです。一応絶滅危惧種で珍しいらしいのですが普通に見る事が出来ます。だいたいクロツラヘラサギ、シギチドリは佐賀県の大授鍰に出かけます。この日はハイイロチュウヒを撮影していたのですが飛び具合がイマイチで(笑)川の方を眺めていたら10羽くらいの群れでやって来て皆さん撮影できました。...

カワセミの男の子

12
先日のヤマセミ基地から撮影したカワセミの男の子です。この場所は魚影がとっても濃くて小魚がたくさんいるのをヤマセミもカワセミも知っています。ですからこの場所は彼らの格好の漁場なのです。ここには他にも猛禽類のミサゴがやって来て上の方にある竹に止まって魚を狙ってます。あとはサギ、ノスリ、セキレイ、スッポンなどもやって来ます。...

ヤマセミ

14
ヤマセミ基地から撮影したヤマセミですとっても警戒心が強いので80m手前でも人の姿を見つけると飛び去ります。ですからいつもお世話になっている方の基地の中からの撮影になります。基地に入る時も神経を使ってヤマセミの鳴き声、姿がないのを確認してからでないと入れないんです。ですから基本的には夜明け前に入るのがベストだと思います。近頃ここの上流にダムができたので居なくなるのではないかと心配していましたがだいじ...

イカル

8
自然公園の水場に団体さんで水を飲みにやって来たイカルです。この鳥見かけによらずすごく臆病で1羽が飛ぶと皆一斉に飛んで行っていなくなります。ですからこの鳥を見つけたら早めにシャッターを切る事をお勧めします。綺麗に撮影しようとギリギリまで近づこうものならあっという間に飛び去って戻って来ません(笑)今年はいろんな場所でイカルの大きな群れを見ることが出来ました。とっても綺麗な声で囀るので好きな小鳥さんです。...

ハイイロチュウヒ雄(在庫より)

8
今年はコロナ禍で県外遠征ができてないので在庫からハイチュー雄です。ここの干拓地は物ものすごく広くてハイイロチュウヒが近くを飛ばないと撮影出来ません。しかもこのように陽炎がでるのでピントを持っていかれるので撮影も大変なんです(笑)ですがここの干拓地は色々な野鳥が観察されるとっても良い干拓地なんです。先日はオオノスリが出ていたようですしその後はキマユツメナガセキレイ(現在はツメナガセキレイ)が確認されてい...

河次郎

14
先日出かけた大分県津久見市四浦半島の河津桜とメジロン続編です。桜の花、梅の花と小鳥を絡めるのはけっこうピントに困るんです(笑)枝が多いと枝にピントを持っていかれるし枝の中にメジロンがいるしwww非常にピント合わせが難儀してなかなかうまくゆきません。したがって上手くいった写真だけ掲載します。...

紅猿子

10
ベニマシコの男の子と女の子です。猿子系は色が綺麗なものが多いので大好きな鳥さんになります。この写真も以前長崎県の雲仙市吾妻干拓で撮影したものになります。雄雌そろっておそらくイヌイチジクだと思うのですが食べていました。きっと渡りの直前だったのでしょう。この地では海岸で越冬しているベニマシコを見る事ができます。...

マミジロ雄

10
長崎県雲仙市あざみ谷で撮影したマミジロの男の子です。何気なくあざみ谷の情報を見ていてマミジロの名前が出ていたのでふらっと出かけて1度で出会えました。もちろん在庫からの写真です。長崎は渡り鳥のルートで最も良い位置にあるのでここを通過する野鳥は種類が多くて楽しめます。ですから長崎遠征にハマってしまって考えてみたら莫大な時間とお金を使っていました。ですがそれだけ野鳥の種類が多くしかも珍しい野鳥も結構いる...

帰りかけたら ヒレンジャク

14
地元の宿り木がある所にヒレンジャクが来ていたのですが実が無くなっていなくなりました。この日も自然公園の宿り木の近くを散策していたら暗い木の下に何かが動いた(笑)あわててその姿を確認するとまん丸い体に短い羽ってことでヒレンジャクでした。そのままでは撮影しても暗がりで色が出ないのでどうしたものかと?そうこうしてたらやっと俺に気付いて木の上に移動してくれましたが枝かぶり(笑)ですがかなりの至近距離なので黒い...

ガングロ オオジュリン

12
今年は長崎へ行けてないので過去写真からです。長崎県諫早市中央干拓で撮影した顔が黒くなっているオオジュリンです。撮影したのが1月だったのですがもうすでに顔が黒く変身しています。ここの葦原はツリスガラ、オオジュリン、ハイイロチュウヒ、サンカノゴイ、コミミズク、トラフズク、チュウヒ、数年に1度はオオカラモズもでます。その横の畑ではナベヅル、マナヅル、ホシムクドリ、タゲリなどもあと水場の近くにはタシギなど...

県南四浦半島のネコさん

8
海沿いを走っていると漁村に人が3人ぐらいいたので何をしてるんだろ~と思って見ると~あらま~可愛いネコちゃんが3匹くらいいる~慌てて撮影しようとしたら小さなお嬢さんがネコちゃんと遊んでいるので無理仕方がないので待っているとこの子がこちらへ近づいてモデルになってくれました。この子まだ幼さが残っているので子猫ちゃんだと思います。...