FC2ブログ

九州鳥物帳

手持ちで撮影した鳥の写真です。あとお花、昆虫、飛行機、猫、船、電車などもあります。

しばらくお休みします

-
本日父が総合病院から退院します。誤嚥性肺炎で入院をしていましたが91歳と言う高齢なので心配していましたが無事に克服してくれました。歩くのは支障がないのですがトイレがうまくできたりできなかったりのようなのでリハビリをする病院へと転院することになりました。家の父は耳が悪いので話しかけてもわからないので病状を聞くことができないのです。ですが毎日顔を見ていたらなんだか様子がおかしいので夜間救急病院を受診し...

DOCTORHELICOPTER

-
鳥さん撮影しているとヘリコプターの音がしてきたので上空を見上げるとDOCTORHELICOPTERでした。緊急出動なので重病の方がいらっしゃったのだと思います。離島など交通網が限られている地域では命綱になるDOCTORHELICOPTERですが出来る事なら出動する回数が少なくて皆さんが元気でいられることが一番だと思います。おそらく大分医科大に止めてあるDOCTORHELICOPTERだと思います。...

掃海母艦 ぶんご

-
海域の安全を図るため、同じ任務を負う航空機や掃海艇の移動基地として、燃料や物資の補給などを行う軍艦で、前甲板に62口径76mm単装速射砲1基を備える。また小型船舶対処用として12.7mmM2重機関銃数挺を武器庫内に格納しており必要に応じて使用する。日本では海上自衛隊がうらが、ぶんごなどの掃海母艦を運用している。国内外への災害派遣にも活用され、その際は救援物資の輸送や被災者への支援などを担う。 艦名は豊後水道から命...

ハヤブサ

-
畑でアトリの群れを夢中で撮影しているといきなりどこからともなく現れて猛スピードで横切って行きました。でもすごい数のアトリの群れがいたのですがそれを狙っている様子は全くありませんでした。ハヤブサの飛行スピードはかなり速くて350kmくらいは出るのだそうです。その速さは飛んでいるツバメさえ捕まえられるくらいのスピードらしいので普通の小鳥などは逃げられません。猛禽類の渡りを観察しているとヒヨドリが北へ帰...

タヒバリさん

-
遠征先で見かけたタヒバリさんです。とっても小さくて色も田んぼの色と同じような配色なので見つけるのに一苦労します。しかも眼の前にホシムクドリの群れがいたのでそっちに目が行っちゃって。今年は大分県ではタヒバリもほとんど見かけませんどうして冬鳥が少ないんだろう。全国的にもやはり冬鳥は少ないのでしょうかね~...

タゲリちゃん

-
今季は遠征先でたくさん見ることが出来たタゲリちゃんです。この冠羽がチャームポイントでしかも羽はこのような美しい輝きを放ちます。ケリと名前が付きマスがケリとは大違いで可愛いチドリの仲間です。飛ぶときはよくミューミューと鳴いてから飛び立ちます。冬鳥なのでもう故郷へ帰っていると思います。...

ホシハジロ 

-
いつもの池にオシドリはまだ滞在しているか見に行ったのですがすでに旅立った模様結局いたのはホシハジロとカイツブリだけでした。ここの池は冬場になると水を抜く時とそのままの時があり冬場は鉄砲を撃つので怖い鉄砲を打ち出すとカモは全ていなくなります。...

ちょっと遠かったモズ

-
遠征先で鳥を探していたらどこからともなく飛んできて前を行ったり来たりするので撮影してみました。見つけたものはなんでも撮影しておかないと後で確認したらえって思うようなこともありますからね~このモズも珍しいモズかと思い撮影したのですが残念ながら普通のモズみたいですね。...

ホオアカ

-
冬場は暖かい暖地に移動して越冬するホオアカです。元々は標高が高い高原にいる鳥なので平地で見ることが出来るのは春先くらいまでかなと思います。夏になって気温が高い時は大分県ですと久住高原辺りにいると思います。飛び方までホオジロとソックリなので頬の赤い班を見ればはっきりとホオアカだとわかります。春先はけっこう近くの河川敷の草地を探しているといます。...

オオルリ 雄

-
上のが順番待ちしている時のオオルリの雄です。そんで~したのがこの人が水浴びしてここで羽繕いしようか考え中のオオルリ雄です。この辺りには水場が少ないのかこの水場は入れ代わり立ち代わり大盛況なんです。もうねてれ~っとしてたら見逃すほど小鳥たちがやってきます。ま~でも不精なんで折り畳みのパイプ椅子に座ってじっと待っているだけなんですけどね(笑)じっとしていれば向うからやって来てくれる水場はありがたいです。...