FC2ブログ

九州鳥物帳

手持ちで撮影した鳥の写真です。あとお花、昆虫、飛行機、猫、船、電車などもあります。

コムクドリの男前

6
大分川のすぐ近くにある桜の木でお食事中のコムクドリです。昨年までは違う場所で撮影していたのですがこちらの方が条件的に良いしコムクドリの数も多いようです。サクラについている虫や桜の花の残っている物を美味しそうに2羽で仲良く食べていました。撮影していて初めて気づいたのですがコムクドリの背中の羽根は日光を浴びると金属光沢があって綺麗です。綺麗に輝いたところを撮影しようと構えたら向きを変えられちゃいました...

ダブル猫

6
県南鶴見崎へ鷹の渡りを撮影した帰り道の海沿いを車で走っているとなんと大胆にも道路に2匹の猫ちゃんがじっとして日向ぼっこしてるジャン。たいがいの猫ちゃんには好評のナシカではありますがこの子達にはかなり警戒されているようでした。しかし良く肥えていますよね~www2匹ともきりっとしまった良い顔をしていました。...

帰り道にも カチガラスがいました

4
とっても綺麗なカラスの仲間で九州ではカチガラスって呼びますが本当の呼び名はカササギのようです。運転しながらキョロキョロするのは危ないのはわかっているのですがこの時期渡りの鳥がいるかも知れないので(笑)そんで見つけましたとっても尾羽が長くて白、黒、紺色が綺麗なカチガラスさんに会えました。このカチガラスさん飛ぶときは尾羽が丸く広くなりフワフワととっても綺麗な飛び方をしますよ。...

水浴びシリーズ メジロ

4
暗い水場に水浴びにやって来たメジロンです。メジロのすぐ上にはシロハラが水浴びの順番を待っていましたが自分より何倍も大きなシロハラに譲ることなく思う存分水浴びしてお山に帰って行きました。この水場は人工的に日本野鳥の会の方々が作ってくださった水場で観察小屋と椅子が常備してあり誰でも使用することができる撮影スポットです。この日は午前中はコマドリの鳴き声がする遊歩道を歩きながら探しましたが声はすれども姿は...

夏羽に移行中のノビタキ 雄

6
我が大分県では非常に見つけるのに苦労をするノビタ君です。ですが遠征先ではいたって簡単に見つけることができちゃいます。ノビタキは春と秋に九州地方を通過するだけなのでその時にうまく見つけないと秋まで待たないと見る事ができません。これがまたタイミングが合わないと全然見る事ができないので河川敷や畑などを目を凝らして探します。この日はうまい事この子と、お嬢さん?奥さん?それと別個体のすでに夏羽の男前に出会う...

暗い水場で ヤブサメ

6
昼間でも薄日が差し込むくらいで非常に暗い水場で撮影したヤブサメです。ISO感度は400、800、51600なのですがほとんどが51600での撮影になります。この水場で何種類か撮影していますがほとんどが51600で撮影しています。おまけに鳥たちがお風呂に来出した時間が午後6時を回ってからだったんです(笑)でもせっかくだからお風呂に来た鳥さんは全部撮影してきました。画像はそれなりなので大きな心でご覧くださ...

春の渡り サシバ

6
かなり距離があったのと逆光なのでこのくらいにしか撮影出来ませんでした。春の渡り鷹の仲間でサシバです。最近になってようやく渡り始めたというので関崎海星館で待ち受けていましたが全然飛んで来ません。仕方がないので出直しで大分県佐伯市鶴見崎まで出かけてきました。この日は風が強くてお昼までは全く飛んで来ませんでしたがお昼を過ぎた辺りから群れを成してやってきました。この撮影した群れは100羽くらいの群れで先陣...

繁殖羽になったカンムリカイツブリ

7
カンムリカイツブリはカイツブリの中でも最大級です。冬の間は地味な色合いなのですが夏が近づくとこのようにヤンキーに変身しますwww雌が一緒にいれば求愛ダンスを見る事が出来たかもしれませんよね~惜しかった。カンムリカイツブリは単独か2~3羽くらいなら良く見かけるのですが野母崎では数十羽群れていました。...

道路の端っこに猿がいた~

5
猛禽撮影の帰り道海岸沿いの道路を走行していると隅っこに何か黒い物がいる~近づいて見てみるとなんとお猿さんがいるじゃない~大人にしてはちょっと小さすぎるしたぶん子ザルさんだと思うんだけど3匹いました。道路の端っこに落ちてる何かを一生懸命食べてたけどそれが何かはわかりませんでした。ウッキッキ~...

日本イタチ

5
小鳥たちがいる場所には必ずと言っていいほど見かけるイタチ君です。こんな小さくて可愛い顔をしていますが性格はいたって獰猛です。良く家で小鳥なんかを飼っているとこのイタチ君にやられます。広い葦原の中を獲物を求めて歩き回っていますよ。...