Welcome to my blog

九州撮り物帳

Category: お花

READ MORE

See more details

春をつげる花 エゾノリュウキンカ

Comment  10
エゾノリュウキンカ、蝦夷立金花は、キンポウゲ科の多年草。リュウキンカの変種である。リュウキンカより大型。本州北部、北海道、樺太、千島、朝鮮北部、ウスリーに分布する。 春、小川沿いなどの水辺や湿地に咲く。黄色い花が良く目立つ。花が咲く前の若葉は食用で、おひたしなどで食べられる。葉の形がフキに似るのでヤチブキとも呼ばれる。ウフトウリとも呼ばれアイヌ料理のラタシケプの材料にもされた。この花の葉っぱは本当...

READ MORE

See more details

一心行の大桜 2017 満開

Comment  8
毎年のように出かけてる熊本県南阿蘇村にある一心行の大桜です。ここの大桜は落雷によって幹が割れたのですが枯れることなく毎年このような綺麗なピンク色の花を咲かせるヤマザクラの大木です。戦国時代、現在の南阿蘇村は峯村(みねむら)と呼ばれていた。この地に築城された鶴翼城(かくよくじょう)に住み、熊本県の三角にある矢崎城の城代を兼任していた伯耆守惟冬は、1580年(天正8年)に薩摩の島津氏との戦いで、矢崎城で戦...

READ MORE

See more details

カタクリ

Comment  9
カタクリの花を見に出かけてきました。カタクリ属は世界に25種以上あることが知られている花で日本のカタクリはそのひとつで、開花時期は早春3月~4月に、葉の間に伸びた地上部の高さ15cm前後の花茎に花をつけうつむいて咲く。花被片は細長く、長さは約10cm。強くそり返っている。また、基部にダークパープルのM字型の斑点がある。この植物は、日本古来の球根植物で、本州から中部以北に多い群落植物で、九州や四国でも見られるケ...

READ MORE

See more details

安楽寺の枝垂れ桜

Comment  6
別府市城島にある浄土宗大谷派の安楽寺の枝垂れ桜です。こちらの枝垂れ桜は樹齢約170年の枝垂れ桜で大変枝ぶりもよい綺麗な枝垂れ桜です。安楽寺は別府市にあるとは言っても鶴見岳の西側、湯布市庄内町に近く山並みハイウェイの志高湖分岐のところで庄内町へと下ると狭間町左・東山右と言う看板が出てきますので右折して城島の方へ進むと道路際に大きな枝垂れ桜が見えるのですぐわかります。真宗のお寺さんなのでこじんまりした...

READ MORE

See more details

光永寺の枝垂れ桜

Comment  6
大分県中津市三光田口にある光永寺の枝垂れ桜なのですがこちらのお寺さん表から入ると枝垂桜がまったく見えないんです。仕方がないので裏へ回ると表と裏がつながってなくて民家でした。しかもこの枝垂桜が植わっている場所が非常に悪くて撮影するのには不向きな枝垂れ桜でした。枝垂桜自体は非常に大きくて立派な枝垂れ桜なのですが撮影する構図がこれだって言う構図で撮影することができませんでしたので次の目的地別府市城島にあ...