Welcome to my blog

九州撮り物帳

Category: 鳥

READ MORE

See more details

バン幼鳥が睡蓮の池にいました

Comment  4
今回のお花の撮影は水辺の撮影だったのでもしかしたらなにかオマケがいるかもしれないと辺りをキョロキョロしてるととっても小さな可愛らしい鳥さんが茂みの中から出て来てくれました。最初はすごく小さいのでカイツブリかと思ったのですが良く見るとバンの幼鳥でした。バンの成鳥は何度も見たことがあるのですが幼鳥は初めてで色も親とは違うので初めはわかりませんでした。兄妹なのか確認できただけで3羽いたのですが親は居なか...

READ MORE

See more details

お母さんはBODYGUARD アオバズクの雛巣立ち

Comment  4
正八幡宮のアオバズクの雛が巣立ちをしていました。とは言っても実際は3羽いるというのですが巣の中にいるのでしょうか?地元の方に聞いたら辺りが薄暗くなったころお食事に出て来るらしいのですがその時間が夜の7時30分くらいなのだそうです。雛の横にはキッチリお母さんがいて辺りを警戒していました。お母さんの方は警戒心が強いのですが雛の方はまだ警戒心は薄いようでしきりに欠伸を繰り返していました。これから雛が大き...

READ MORE

See more details

ササゴイ御一行様

Comment  2
行橋市にある正八幡宮へアオバズクの雛の様子を見に行ってきました。今日もなにやら木の上が騒がしいので見上げてみるとすごい数のササゴイの成鳥と幼鳥がお出迎えしてくれました。この神社さんにはササゴイの巣が確認できているだけで4個あるのだそうです。どうりで凄い数のササゴイが飛び交っています。しかもこの神社さんはすぐそばに川が流れているのでササゴイにとっては良いコロニーなのでしょうねきっと?にほんブログ村...

READ MORE

See more details

アオバズクのお母ちゃん

Comment  4
はいお待たせしましたアオバズクのお母ちゃんです。フクロウの仲間なので昼間はこのように大木の枝にとまってじっと寝ていますが気配を感じるとこのように目をあけます。でもまたすぐに下の写真のように眠っちゃいます。アオバズクの雌と雄の見分け方は大きい方が雌で胸の縞模様がこのように少し隙間が広くてハート形のようになっているのが雌で胸の模様がもっと密集していて少し小さいのが雄です。普通は巣の近くに雌が必ずと言っ...

READ MORE

See more details

アオバズクのお父ちゃん

Comment  4
今回行橋市の正八幡宮へ出かけた目的はこのアオバズクを撮影するために出かけました。雄雌共に確認できましたが雛はもう少し後でないと巣から出てこないようです。全長29cm。頭から上面、翼の上面、尾は黒褐色。腹は白色で黒褐色の太い点がつながった縦斑があります。フクロウの仲間で、本種もオスよりもメスが大きい体です。アジアに分布していて、日本では夏鳥です。全国に分布していますが個体数は多くありません。大木の樹洞...