犯人はこいつでした。



先日仕事が終わって帰宅しようと駐車場へ向かいエンジンをオンにしてエアコンを入れると初めは涼しい風がたくさん出ていたのですがだんだんと弱くなったんです?

皆さんならどう考えますか?俺はすぐにエバポレーターの汚れ、ファンの故障だと思い込んでこの暑いのにエアコンきかないんじゃ仕事から帰る時灼熱地獄なので慌てまくってトヨタへ行きました。

最初は自宅近くにあるトヨタカローラテクノSHOPへ行ったのですがお客さんがわんさかいて本日中に状態を見ることが出来ないとのこと。

仕方がないのでココは諦めて少し遠いネッツトヨタ東九州へ行く事にしました。

こちらのショップは以外と混雑してなくてすぐ見ていただくことが出来ました。

ショップの方に風が弱いのとエアコンの温度設定を25℃にしたら全然涼しくない事を伝えて見ていただきました。

そして信じられない事実が判明したのです(笑)

なんと車検証などを入れておく助手席側にあるグローブボックス(昔はエンジンの手入れをする手袋を入れていた)の中にスーパーで買い物をしたときに水が漏れないように入れるこの袋がこともあろうにグローブボックスの後ろの隙間から下に落ちてエアコンの吸気口に被さっていたんです。

でも袋が被さっていただけで良かったです。

だって壊れて修理となると福沢諭吉様が何枚か飛んで行きますから~www

笑い話でした。



にほんブログ村
スポンサーサイト

Untitled


DSC_0043.jpg



DSC_0040.jpg

DSC_0042.jpg

せっかく下関のお祭りにきたので手ぶらで帰るわけにも行かずウロウロしてたらカッコいい車があったんで撮影して帰ってきました。

こういう車にはあまり詳しくないのですがサーキットなどでレースをする車なのでしょうかね~

1番上は多分ニッサンシルビアで2番目はホンダのS2000かな?3番目はニッサンの180SXかな?兎に角カッコよかったです。






にほんブログ村

元気です湯布院皆きちょくれスバルR2・360もあるでよ



IMGP5625.jpg

IMGP5624.jpg

湯布院散策中オルゴールの森の前にスバルR2・360があったので撮影しました。

以前ここの場所に飾ってあったのは確かスバルの車ではなくて外車だったような気がするのですが記憶にございません(笑)

今回撮影した写真の中には何枚かドラマティックアートフィルターで加工したものが含まれています。





にほんブログ村

昭和ロマン号



昭和ロマン号は昭和32年制のボンネットバス

土日にはミニ周遊コースとして昭和の町界隈を15分間無料で乗車することができる。以前は史跡探索コースみたいなものがあって国東の寺院などを回っていたのですが現在はどうなっているのかわかりません。

非常にレトロで素晴らしいバスなのですが唯一の難点は古いのでエアコンはありません(笑)

したがって真夏はちょっと暑いかな?ナシカは何年か前豊後高田市のお寺さんへ出かけた帰りに偶然走っているこのバスに遭遇しましたよ。

豊後高田市昭和の町へお出かけの際は皆さんも是非ボンネットバスに乗車してみたら良い思い出になりますよ。





にほんブログ村

二代目クラウン



より斬新で より大きく より高性能で より豪華になった憧れのクラウン


待望の新型トヨペット・クラウン・デラックスが華やかに誕生しました。斬新なスタイル、ハイ・ウェイ時代にふさわしい高速性能、すばらしい乗り心地など、どこから見てもいままでの国産車の概念を大きく打ち破った最高級乗用車です。

もちろんこの画期的なニュー・モデルには、1955年以来8年間、つねに最高の信頼をかちえてきたトヨペット・クラウンの輝かしい伝統と技術がうけつがれ、開花しています。

それに加えて、世界の自動車産業と肩を並べるトヨタの技術と設備、クラフトバンシップにもとづいた入念な仕上げによる量産ときびしい品質管理などが、この新型トヨペット・クラウン・デラックスの品質と性能を、一そう完ぺきなものにしているのです。

ニュー・モデルには、オーバー・ドライブ付とトヨグライド付の2種があり、文字どうりハイウェイの王者の名にはじません。


自動車工学の粋をあつめたスタイルと性能

新型トヨペット・クラウン・デラックスは、すばらしく低く、長く、広いボデーをもっています。ホイール。ベースは従来より160ミリ、全長は200ミリも長く、全高は70ミリも低くなりました。

室内もずば抜けて広く、しかも最高級車にふさわしい豪華な雰囲気をそなえています。その上すぐれた高速安定性をもち、乗心地は快適そのものです。


完ぺきの居住性と安全性をそなえた豪華な室内

トヨペット・クラウン・デラックスの室内は、非常に広く豪華ですべての内装はよく調和しています。ボデー精度が極めて高いため、完全に外部としゃ断され、落着いた雰囲気が満喫できます。前後4つのドアにはひき手兼用の大型のアーム・レストがつき、さらにリヤ・シートと共にフロント・シートにもセンター・アーム・レストが設けられました。

床面には厚いじゅうたんが敷かれ、ボデー全体に防音・防振装置が施されていますから、室内はつねに静かです。ウインドゥの面積はフロントで25%、リヤで8%も広くなり、フラットなボンネットと相まって視界はすぐれドアはすべて前ヒンジ後開きのため、らくに乗降できます。


機能的で、美しいインストルメント・パネル

トヨペット・クラウン・デラックスのンストルメント・パネルは、最も進んだヒューマン・エンジニアリング(人間工学)の立場から、とくに見やすく扱いやすいように設計されています。

パネル上部は厚いセーフティ・パッドでおおわれ、光の反射を防ぐとともに、安全性を高めています。計器盤はドライバーの正面にあり、大きなメーター・フードをもっているため、光が反射せず作動状況がひと目でわかります。

オート・クロックはリヤ・シートからも見やすいようにンストルメント・パネルの上部にとりつけられました。ライティングとワイパーのスイッチは扱いやすいプッシュ・ボタン式。窓の汚れを洗い落とすウインドゥウオッシャーはワイパー・スイッチと兼用です。


かずかずの新機構をもつX型フレームとシャシー

トヨペット・クラウン・デラックス画期的なX型フレームと、モノコック構造のボデーを採用、抜群の耐久力をそなえました。

ボデーやエンジン、マフラーのマウンティングがすべて弾性支持で、ステアリングが日本唯一の2ジョイント式のため、路面やエンジンの騒音振動が吸収され、室内は非常に静かです。完ぺきな重量配分のバランス、新しいサスペンション機構、巾の広い超低圧タイヤのためロード・ホールディングもずばぬけています。


ググってみたんだけど二代目クラウンにスーパーデラックスはないのになぜこれはスーパーデラックスなんだろ?エンブレムだけ3代目のと取り替えたのかな?


にほんブログ村


プロフィール

大分ナシカ

Author:大分ナシカ
九州温泉県 大分県在住

風景写真、列車、人物、鳥、お花などの写真がメインのブログです。

九州大分県から色々な情報を発信してゆきます。

ブログ村

ページビューポイント

ブログ村

最新トラックバック

カテゴリ

犬 (5)
滝 (7)
船 (1)

counter

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

お手紙はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR