岡藩家老別邸跡 用作(ゆうじゃく)公園 紅葉



IMGP7663_20161120192410abd.jpg

IMGP7665_201611201924095a2.jpg

紅葉シリーズ第一弾

大分県豊後大野市朝地町にある用作公園です。

用作という名は、鎌倉時代にこの地の地頭であった大友(志賀)能郷(大友能直の八男)が所有する用作田があったことに由来する。

大友氏の改易後は、岡藩主中川氏の領地となり、寛文4年(1664年)には第3代藩主中川久清から家老の中川平右衛門長伸に別邸地として下賜された。

中川平右衛門はこの地に書院造りの屋敷を構え、庭園を整備した。庭園には、用作田で湧水が多かったことを利用して心字池と丹字池の2つの池が作られ、多くの楓や松が植えられた。

岡藩の参勤交代の経路に位置するこの地には、藩主中川氏が参勤交代の途上などにたびたび立ち寄るとともに、田能村竹田や頼山陽といった文人墨客も多く来訪し、岡藩の玄関、接客所としての役割を果たした。


この日はこの写真を撮影するまでは晴れてて良かったのですがこの後急に雷雨になって夕方まで降り続きました。






にほんブログ村
スポンサーサイト

真名野長者伝説 般若姫



大和朝廷の時代都に顔に醜い痣のある姫がいたが、仏のお告げに従って豊後国深田に住む炭焼き小五郎の許へ行き夫婦になる。

2人は数々の奇跡により富を得て長者となり、1人の娘が生まれた。般若姫と名付けられた娘は都にまで伝わるほどの美女に成長し、1人の男と結婚するが、実はその男は都より忍びで来ていた皇子(後の用明天皇)であった。

皇子は天皇の崩御により都へと帰ることになったが、姫は既に身重であった為、男の子が産まれたなら、跡継ぎとして都まで一緒に、女の子であったなら長者夫婦の跡継ぎとして残し、姫1人で来なさいと告げて帰京してしまう。

産まれた子供は女の子であった為、姫は1人で船に乗り都を目指すが、途中嵐に会い周防国大畠に漂着する。村人による介抱も虚しく数日後に姫は逝去してしまう。

姫の死を悲しんだ長者は中国の寺に黄金を送ると共に、深田の岩崖に仏像を彫らせた。その仏像が現在も残る国宝臼杵石仏であるという物語である。






にほんブログ村

アオダイショウ



平地から山地にかけての森林、堤防、農地などに生息し樹上性の傾向が強いが、地表での活動も多く生息域は高い梢の上から地表、そして地中や下水道まで、幅広い範囲で活動している。

餌であるネズミの生息環境に対応し人家周辺でよく見られ、深山などで見かけることは稀である。

ネズミを追って家屋内に侵入することもある。昼行性で、夜間は岩の隙間や地面に空いた穴の中などで休むが危険を感じると総排出口から臭いを出す。

樹上に上るときには枝や幹に巻きついて登っていくのではなく、腹盤の両端には強い側稜があり、これを幹や枝に引っかけることでそのまま垂直に登ることができ、樹上を移動する。

壁をよじ登ることもでき、その習性が他のヘビがいなくなった都市部でも、本種が生息できる原動力となっている。

天敵はイヌワシ、タヌキ、イノシシ、カラスなどで、幼蛇はノネコやシマヘビなども天敵となる。天敵に襲われた場合、川底に潜って隠れることもできる。

食性は肉食で、主に鳥類やその卵、哺乳類を食べる。

幼蛇はトカゲやカエルを食べる傾向が強く、成体になるにつれ鳥類や哺乳類を捕食するようになる。

噛み付いて捕らえた獲物に身体を巻き付けて、ゆっくり締め付ける。

飲み込んだ卵は食道で脊椎下部の突起を押しあてて割る。

また卵を丸呑みした場合、卵の殻を割るために高い所から落ちると言われるが、これを意図して落ちるのではなく、誤って落ちることが理由である。

木登りが得意なので、鳥類の繁殖期には樹上の鳥の巣を襲い卵やひな鳥を食べることもある。

繁殖形態は卵生。5-6月に交尾を行い、7-8月に7cm弱の卵を、4-17個を産み卵は47-63日で孵化する。





にほんブログ村

神角寺の石楠花

IMGP4423_20160428184008cab.jpg

IMGP4422.jpg

IMGP4418.jpg

IMGP4424_20160428184005310.jpg

IMGP4420.jpg

IMGP4421.jpg


先日のお休みに豊後大野市にある石楠花寺神角寺へ出かけてきましたが雨上がりで花は雨で少し傷んでいました。

去年こちらへ来た時はお寺の中に可愛い猫ちゃんがいたのですが今年はいませんでした。

石楠花はあまり綺麗な物がなかったので風景を入れて遠巻きに撮影してきました。なお黄色いのは躑躅で石楠花ではありません。

石楠花があまり綺麗ではなかったので展望台へ上ると豊後大野市方面に春の雲海を見ることができました。


皆様へ

今日はお休みで遠くまで撮影に出かけますので帰りが遅くなると思いますのでコメント欄は閉じさせていただきましたお返しは出来ませんが拍手コメントはできますのでコメントされる方は拍手コメントへお願いします。




にほんブログ村

プロフィール

大分ナシカ

Author:大分ナシカ
九州温泉県 大分県在住

風景写真、列車、人物、鳥、お花などの写真がメインのブログです。

九州大分県から色々な情報を発信してゆきます。

ブログ村

ページビューポイント

ブログ村

最新トラックバック

カテゴリ

犬 (5)
滝 (7)
船 (1)

counter

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

お手紙はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR