Welcome to my blog

九州撮り物帳

Category: マクロ

READ MORE

See more details

産山村の自生 春リンドウ

Comment  6
根本からロゼット状の根生葉を地表に広げる。葉は5mm-1cmの披針形。花期は3-5月。花茎を根出葉の中から抽苔し、高さは10cmほどとなり、先端に紫色の花をつける。花冠は長さ2-3cmの漏斗状で、朝、日光を受けると開花し、夕方に閉じる。近縁種のフデリンドウとよく似ているが、フデリンドウは、根出葉が大変小さくロゼット状にならないことで区別できる。また、コケリンドウにも似るが、がく片が反り返らないことで判別できる。皆様...

READ MORE

See more details

産山村の自生オキナグサ

Comment  2
オキナグサは本州、四国、九州の日当たりのよい草原や林縁に生える多年草です。花後にできるタネに白く長い毛があり、そのタネが密集して風にそよぐ姿を老人の白髪に見立ててオキナグサ(翁草)と呼ばれているといわれます。 地下には太いゴボウ根状の根茎があり、春に暖かい日ざしが注ぐと芽を出します。葉を開くと同時に白い毛で覆われた花芽を伸ばし、葉の伸びきる前に、短い毛で覆われた赤紫色の花を下向きに咲かせます。花弁...

READ MORE

See more details

シロバナネコノメソウ

Comment  2
シロバナネコノメソウは本州(近畿・中国地方)と四国、九州に分布する小形で軟弱な多年草。樹林内の沢沿いなどの湿地に生え、走出枝を生じて群生する。植物全体に白色の軟毛が多く、茎葉は1cm程度で対生する。花期は4~5月で、5mm程の小さな花を4~5個つける。花弁に見えるのは萼裂片で4枚あり、花時は白色で、後に淡緑色となる。雄蕊は8個で、葯は裂開直前は暗紅色、後に黒紫色となる。ネコノメソウの仲間には黄色系の花のものが...

READ MORE

See more details

深山エンレイソウ

Comment  6
太く短い根茎から、高さ20-40cmの茎が1本伸び、その先端に3枚の葉を輪生する。葉は葉柄を持たず、茎から直接生ずる。葉の形状は丸みを帯びたひし形で、直径は10-20cm程度で3枚の葉の中心から短い花柄が伸び、3枚の外花被片と3枚の白い花弁状の内花被片、6本の雄蕊をもつ花を生じる。内花被片は外花被片より長く、外花被片の先端がとがる。分布は北海道から九州まで広範囲に分布していて木の木陰で見ることができます。にほんブログ...

READ MORE

See more details

ヤマルリソウ

Comment  6
ヤマルリソウは本州福島県以南から九州に分布する多年生のお花。暖温帯中部から冷温帯近くまでの、落葉樹林の林縁や道端などの適度に湿った場所に生育する。根生葉はロゼット状となり、長さ7~20cmで、開花期の葉は小さい。葉は両面有毛で、密に白毛がある。茎は斜上し、4月から5月にかけて、直径1cmほどの淡い紫色から淡い紅色の花を次々と付けて美しい。花茎は枝分かれせず、若い果実は下向きになる。和名は山瑠璃草であり、花...