Welcome to my blog

九州撮り物帳

Category: 佐賀県

READ MORE

See more details

KOMA

Comment  12
ナシカが子供のころは独楽やパッチン(地区によってはメンコとも呼ばれる)などしか遊ぶ道具はなくラッキョウ型の独楽に鉄の芯を差し込んでその芯の先をやすりで尖らせかちわり独楽にして兄と遊んでいました。そのころは両親と社宅に住んでいてお風呂は現在のようにボイラーやエコキュートなどではなく最初に薪をくべてその上に石炭を入れうちわであおいで火をつけていました。もちろんお風呂も木で作られた五右衛門風呂みたいなお風...

READ MORE

See more details

大興善寺のもみじVO 2

Comment  8
写真が少し多いので大興善寺は2回に分けて今日が最終回です。一番上の写真の茅葺屋根がこちらのお寺さんの本堂になります。お寺さんの入り口は急な階段が続いていて上るのが大変なように思えたのですが若いのでだいじょうぶでした。←半分聞いて聞き流して下さい(笑)もうねここのお寺さん本当にここお寺さんなのって思うくらいに中は広くてとっても綺麗で素晴らしいお寺さんなんで来年のツツジの時期に絶対来ようと思いました。そ...

READ MORE

See more details

大興善寺のもみじ VO 1

Comment  16
奈良時代養老元年(717年)行基菩薩がこの地に草庵を結び、一刀三礼にて十一面観世音菩薩を刻まれ、安置なされたことを以って開創としています。承和二年(835年)寺は、火災に遭い建物はすっかり焼けてしまいました。本尊さまのみ炎の中に焼けずに立っておられたことから、現在に至るまで、火災よけに霊験あらたかとして崇信されています。承和十四年(847年)慈覚大師円仁和尚によって再興され、寺は大興善寺と命名されました。...

READ MORE

See more details

九年庵一般公開

Comment  10
一年間で秋の9日間しか公開されない国の名勝九年庵へ行ってきました今年は11月15日~の公開になります。 秋、 微妙に色あいの異なる幾種類もの紅(あか)色が紡ぎだす紅葉のグラデーションは、絶品。秋の九年庵は、庭園とまわりの山々がひとつに溶けあって、まるでそこだけ別世界のような美しさです。じゅうたんを敷き詰めたような苔の緑とのコントラストも見事です。春、 国の名勝九年庵は、明治時代につくられた佐賀の実業...

READ MORE

See more details

肥前夢街道忍者村part2

Comment  1
げんさんのガマの油売り手配されてました(笑)忍者正面入口げんさん大道芸マリア地蔵げんさん以外と若いです(笑)服部半蔵牛若丸姫籠この子可愛いでしょう、しっかりカメラ目線でした(笑)源さんのガマの油売りでうちの娘が生贄になりました(笑)紙がスパスパ切れる刀で腕を切られましたがガマの油をぬっていたので切れませんでした(笑)忍者のshowはかなり迫力があって見応え満点で家族も皆んな喜んで見ていました。〒843-0302 佐賀県...