正八幡宮



IMGP0995.jpg

IMGP1001_2017071020315685c.jpg

IMGP0993_2017071020315524d.jpg

IMGP0996.jpg

古来より正八幡宮の御神徳は、文化をみちびく勝運の神としてあらたかであった。爾来文化のみならず、地上に生きとし生ける私たちの平安と幸福をみちびく神 として信仰されている。

母子神としても崇敬され、親の限りない慈しみをもって、我子に正しく強い心を合わせもつようにと初宮詣を始め、厄除招福、家 内安全、交通安全をみちびく神として霊験あらたかな神さまである。

当宮の主祭神は応神天皇、配神には神功皇后、比売大神が祀られている。縁起由緒は古く、貞観2(860)年に国司の一人であった従五位上行豊前守文屋真人益善が宇佐宮の託宣に依り神社を建立し、奉載されたのが正八幡宮の起源である。

以来、宿願達成を願う人々の崇敬は篤く、中でも南朝後期の正平22(1367)年、菊地武重朝臣は苅田浦滞陣の際に自ら参拝され、戦捷(戦いに勝つこと) を祈願し満願成就された。

又北朝後期の応安7(1374)年3月、征西大将軍が小倉に滞陣中、御参代として名和伯耆守長秋が遣わされ御神前に純金銘入りの 御神刀を奉納して戦捷を祈願しており、その御神刀は現在も神納されている。

江戸初期の慶長6(1601)年、藩主細川忠興は領内安堵の為に参拝祈願され、旧大橋の神田に社領地を寄進。次いで元和2(1616)年に祈願成就の報賽 として御神鏡を一面奉納された。

そして、当宮がこの神田の地に移設鎮座されたのが寛永元(1624)年の春である。その後は益々近郷近在の氏神様として御 神徳を広めていった。藩主小笠原忠真が寛永9(1632)年に当宮を御参拝された折には縁起を御一覧され、格別を以て旧仲津郡の大社正八幡大神宮と崇め て、此の郡中に事ある毎に祭儀を盛大に奉仕された。

江戸中期以降は平和な時代風潮にのって当宮も殷賑を極め、宝暦11(1761)年に藩主伊豫守忠総より神輿二躰の御奉納があり、当時の放生会の渡御に使用 され祭は一段と賑やかに斎行された。

江戸末期の寛政3(1791)年に郡内で旱魃悪疫が流行した際、藩主忠苗は諸人と共に数日間参籠して豊前六郡の為に祈願された。その甲斐あって成就の折 には、白銀22枚と拝殿を造営、御奉納して感謝の誠を表した。

当時の旧社殿は昭和12(1937)年までその面影を残していたが、翌年の昭和 13(1938)年には老朽化に伴って御社殿が新築された。

現在の佇まいは平成10(1998)年に、御遷座350年記念事業として氏子崇敬者各位の赤誠により、御社の御屋根葺き替え・社務所新築等の御造営がなされて今に至っている。

この様に当宮は古来より願いをみちびく勝運の神として、此の郷はもとより豊前一円に広く崇敬され信仰を深めている。


正八幡宮ホームページより。


にほんブログ村
スポンサーサイト

行橋赤レンガ館



IMGP2258.jpg

IMGP2259.jpg


ご紹介しますのは行橋市にある旧百三十銀行行橋支店赤レンガ館です。

行橋の駅前を少し奥に入った川沿いにあるのですが場所がわかりにくくすぐそばまではナビで行きましたがわからなくて近くの方にお聞きしたら歩いて3分の距離でした(笑)

現在はギャラリーとして使用されていますが行橋市の文化財に指定されています。

プロフィール

大分ナシカ

Author:大分ナシカ
九州温泉県 大分県在住

風景写真、列車、人物、鳥、お花などの写真がメインのブログです。

九州大分県から色々な情報を発信してゆきます。

ブログ村

ページビューポイント

ブログ村

最新トラックバック

カテゴリ

犬 (5)
滝 (7)
船 (1)

counter

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

お手紙はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR