直方古町商店街



IMGP7578.jpg

IMGP7583.jpg

IMGP7580.jpg


直方古町商店街です成金饅頭を購入した大石本家さんはこの商店街にあります。

直方市について

福岡県の北部、筑豊地方の北端部に位置する。北九州市中心部から南西約30km、福岡市から北東約50kmの場所にある。

市の中心部は平野地形で、筑豊平野のほぼ中央にあたり、彦山川、犬鳴川をあつめた遠賀川が流れている。遠賀川とJR福北ゆたか線(筑豊本線)にはさまれた地域を中心に、市街地が形成されている。東部地域、西部地域は住宅地帯、南部地域は工業地帯、北部地域は農村地帯を中心に形成されている。

市の東部には、福地山地が南北に走っており、主峰福智山 (900.8m) を中心に、鷹取山や尺岳など平均標高600m級の山々が連なる。市の西部にも、300m級の山がいくつかあり、六ヶ岳を中心に小さな山地を形成している。

この界隈で開催される五日市は非常に人気があり市外から多くの人が直方を訪れます。


いいなと思って頂けましたらポチットお願いします。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

直方名物 大石本家の成金饅頭byダンボー



今回ご紹介しますのはナシカが幼少の頃に良く食べていたとっても美味しい直方名物成金饅頭をご紹介します。

成金饅頭とは炭鉱で働く人々が疲れた時に甘いものが欲しいことから生まれたらしいです。

明治時代から直方で作られている和菓子でどら焼きと見た目はそっくりなのだが梅の花の焼印と白インゲン豆の白あんが特徴。

10cmほどの普通の大きさから20㎝以上の大判もある。また祝の席にも用いられウエディングケーキ代わりに直径29㎝重さ2キロの特注品を頼む人もいるほど長年愛し続けられている銘菓です。

こちらの大石本家さんは初代からの製法を守り手作りの餡、手作りのモチモチした皮を守り中には完全にこしていな粒々が残る白いんげん豆の餡を使い初めて食べた方には驚きを、久しぶりに食べた方には懐かしさを、いつも食べてる人に安心を感じさせる直方の銘菓です。


あ~いかんいかんあんまり美味しいんで食べた感想忘れてたわ。

まず外側の生地はもちもちしててすごく弾力があって美味しいし中の白いんげん豆のあんは全てをこしているのではなくて中にこしてない粒々の白いんげん豆が入っててそれがカリカリした歯ごたえですごく美味しいです。

それからこちらのお店は全てがハンドメイドなんで数量限定で売り切れることがあるんで早い時間に購入した方が確実に購入できるみたいです。

マジ美味しいんでナシカお勧めですしダンボー君も美味しいと言っております。









いいなと思って頂けましたらポチットお願いします。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

プロフィール

大分ナシカ

Author:大分ナシカ
九州温泉県 大分県在住

風景写真、列車、人物、鳥、お花などの写真がメインのブログです。

九州大分県から色々な情報を発信してゆきます。

ブログ村

ページビューポイント

ブログ村

最新トラックバック

カテゴリ

犬 (5)
滝 (7)
船 (1)

counter

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

お手紙はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR