Welcome to my blog

九州撮り物帳

Category: 糸島市

READ MORE

See more details

杉能舎麦酒工房

Comment  6
世界の地ビールを集めたコンクールで優勝した福岡初の地ビール。製造工程の見学もいいけど、やっぱりお楽しみは3種類の地ビールの試飲(小グラス1杯200円)。つまみはチーズからドライカレーまで多種多様。隣には地酒の酒蔵もあり2月の蔵開きには出来立ての新酒が振るまわれる。お酒好きには涙モノ。 世界大会で優勝したというお墨付きの地ビールは絶品で小瓶は330mlで500円この建物の中に売店があるらしいのですが...

READ MORE

See more details

桜井二見ヶ浦

Comment  16
桜井二見ヶ浦は福岡県の名勝であり日本渚100選、日本夕日100選に選出されている。古くから桜井神社(県の文化財)の社地として神聖な場と崇敬され、毎年5月の大潮の干潮を期して長さ30m、重さ1トンの大注連縄(おおしめなわ)が張られています。この2つの岩は、高さ11.2mと11.8mで、冬は玄界灘の荒波を砕いて雄大剛壮の観を呈し、春は波穏やかな海中に夫婦の姿を現し、古くは竜宮の入口として親しまれていま...

READ MORE

See more details

工房とったんまたいちの塩

Comment  8
福岡県の西部佐賀県にほど近い所に位置する自然豊かな糸島半島半島の西側をひたすら走りアスファルト舗装がきれガタガタ道を進んでゆくとそこに(製塩所)工房とったんが見えてくる。人気のないこの海で玄界灘の内海、外海がぶつかり合い山と海の豊富なミネラルを含んだ美味しい塩が生まれる。太陽の光、薪の火だけで作られるまたいちの塩はたくさんは作ることはできないのです。豊かな藻場がある糸島半島福の浦より汲み上げるミネラ...

READ MORE

See more details

芥屋の大門(けやのおおと)

Comment  10
けやのおおと海蝕洞窟入口姫島日本三大玄武洞の中でも最大のもので、六角形や八角形の玄武岩が柱状摂理(ちゅうじょうせつり)をなして、玄界灘の荒波にそそり立ち、海蝕(かいしょく)によってできた洞窟(高さ64m、開口10m、奥行き90m)は黒々と玄界灘に向かって口を開き神秘的な景観を呈しています。冬場をのぞいた4月~11月までは芥屋漁港から遊覧船にて約30分、紺碧の海と洞窟内の蜂の巣状の天井など大自然が作り出したア...

READ MORE

See more details

一蘭の森グランドオープン

Comment  12
リンクしていただいているボタンダウンの記録みーむしさんのご希望に答えてラーメンの記事をアップしました。昭和35年創業の豚骨ラーメン一蘭さんが福岡県糸島市志摩松隈に東京ドーム2個分敷地面積28000坪の子供も大人も楽しめるスポット一蘭の森を7月18日午前9時にグランドオープンしました。園内は音と光の茶庭、美味しいラーメン製造工場(約100店舗へ供給可能)、豚骨ラーメンの歴史を学べる博物館、出来立てのラ...