Welcome to my blog

九州撮り物帳

Category: 筑後市

READ MORE

See more details

恋の国筑後 恋木神社

Comment  8
恋木神社は水田天満宮の末社として建立当初より鎮座し、御祭神は恋命(こいのみこと)を祀っています。全国でも珍しく、恋木神社は一社のみで、起源は都に残してきた妻子を思いながら大宰府で生涯を終えた菅原道真公の御霊魂だけは慰めようとして祀られたといわれています。良縁幸福の神様、恋の神様として親しまれ恋みくじや恋木絵馬、恋木貝守などもあります。また良縁成就祈願や二人だけの結婚式の名所にもなっているロマンあふれ...

READ MORE

See more details

水田天満宮

Comment  8
水田天満宮は、御祭神 菅原道真公をお祀りいたし鎌倉時代の嘉禄二年(鎌倉時代1226年)に菅原長者大蔵卿為長朝臣が後堀河天皇の勅命により建立し、明治維新までは後堀河天皇 勅願所の提灯が御本殿の左右に灯されていました。 御神領は、天文・天正年間には623町余り、慶長6年に田中吉政公から一千石と石鳥居・石灯籠が寄進。 元和7年には幕府の上使松倉豊後守から一千石、久留米藩主有馬豊氏公から二百五十石と御神鏡三面、柳川藩主立花...

READ MORE

See more details

羽犬伝説

Comment  15
この伝説は2種類の伝説が残されています。ひとつは、昔この地に羽の生えたどう猛な犬がいたというものです。羽犬は旅人を襲ったり家畜を食い殺したりして住民から恐れられていた。天正15年(1587年)4月、天下統一をめざす豊臣秀吉は薩摩の島津氏討伐のため九州に遠征、この時羽犬によって行く手を阻まれた。大軍を繰り出しやっとの思いでそれを退治した秀吉は、羽犬の賢さと強さに感心し、この犬のために塚をつくり丁寧に葬った...