大江天主堂



IMGP2855.jpg

天文18年(1549年)、イエズス会の宣教師フランシスコ・ザヴィエルが鹿児島に上陸し、わが国におけるキリスト教の伝道が始まりました。

天草には永禄9年(1566年)に志岐(苓北町)の領主がキリスト教の布教を許したことが始まりといわれています。しかし、江戸幕府によって禁教令が出され、厳しい弾圧が続くなか、寛永14年(1637年)、天草・島原の乱によって天草・島原のキリスト教信者はほぼ壊滅しました。

ところが、乱の中心地から離れた天草西海岸の信者は参加することができず、その後潜伏キリシタンとして密かに信仰を守り続けました。

乱から170年後の文化2年(1805年)にキリシタン発覚事件が起こり、大江・崎津・今富・高浜の4か村から約5,000人の人びとがかくれキリシタンとして、幕府から厳しく取り調べられました。

明治維新後の明治6年(1873年)、ようやく信教の自由が認められたころ、布教の中心地であった長崎の大浦天主堂の布教師西政吉が大江を訪れ、人びとに教えを説き、伝道者を招いて次々と洗礼を授け、天草におけるキリスト教復活の道を切り開きました。

明治25年(1892年)、布教のため来日したフランス人神父ルドビゴ・F・ガルニエは、私財を投じて白亜の天主堂を昭和8年(1933年)に建造しました。

長崎出身の鉄川与助(長崎の浦上天主堂を設計)によって設計されたこの天主堂は、ロマネスク建築で、高い天井の聖堂となっており、礼拝堂には貴重なド・ロ神父の布教活動のための版画5枚を見ることができます。

ガルニエ神父は、パアテルさんと親しみを込めてよばれ、この大江で農民と共に貧苦をともにしながら布教活動を続けました。

明治40年(1907年)には北原白秋、与謝野鉄幹、木下杢太郎、平野万里、吉井勇の5人が天草西海岸を歩き、ガルニエ神父を訪問しました。

このときの紀行文は五足の靴としてまとめられています。ガルニエ神父は25歳で来日し、82歳で亡くなるまでの約50年間を布教活動に努め、ついに祖国には帰らず天草に骨を埋めました。


なおこちらの教会も神聖な場所なので内部の撮影は禁止されています。




いいなと思って頂けましたらポチットお願いします。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

牛深ハイヤ大橋



IMGP2860.jpg

IMGP2859.jpg

IMGP2861.jpg


一度は見てみたかった綺麗な橋牛深ハイヤ大橋です。

のどかな漁港に突如として現れた牛深ハイヤ大橋は、関西国際空港を手掛けた、イタリアの建築家レンゾ・ピアノ氏の設計によって平成9年8月に完成。

全長883mと県内最長を誇り、車道と両側歩道を合わせた幅員16mという巨大さをまったく感じさせない繊細さとしとやかさは、自然景観と調和した世界に類をみない美しい橋。
 
新熊本100景にも選ばれ、牛深ハイヤ大橋をとりまくうしぶか海彩館とともに牛深観光のメインスポットとなっている。

ちょっと曇ってたのが残念だったんだけど写真で見てすごく綺麗な橋だったんで片道286キロをひた走り行ってきましたハイヤ大橋(笑)

もうね綺麗な橋を見ることが出来て運転の疲れなんてどこかに飛んじゃいました。


レンゾピアノ

イタリアを代表する建築家。 インテリアから公共建築まで幅広く手がけている。

最後は大江天主堂を予定しています。

いいな綺麗だなと思って頂けましたらポチットお願いします。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

おっぱい岩 苓北町



IMGP2854.jpg

IMGP2853.jpg

おっぱい岩

海水の力によってできたと思われる変形岩で、女性の乳房にそっくりな形。直径は約1.5m。見事な乳首までが付いている。

直に触ると胸が大きくなるとか、母乳がたくさん出るなどのご利益も噂されている。

干潮時にしか姿を現さないので見学の時には潮汐表の確認が必要なのですが運が良いナシカおいさんは見事干潮時に到着して無事におっぱい岩をおさめることができました(笑)

でね、見学に来ていた人はなぜか男の人が多くてみんな照れくさそうにニヤニヤしてました。

で記念撮影でシャッターを押してもらえませんかと頼まれたんで押してあげたんだけどその方も少しニヤニヤしてました(笑)

お前はどーなんだって?勿論ナシカも顔が緩んでおりました。

以上




いいなと思って頂けましたらポチットお願いします。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

崎津天主堂に会いにきてニャ~



IMGP2858.jpg


崎津天主堂とは

穏やかな羊角湾を臨む﨑津の漁村に建つ教会。明治以来3回の建て直しが行われた現在の教会は、昭和9年、ハルブ神父により創建された。

長崎の鉄川与助によって施工された教会は、尖塔の上に十字架を掲げた重厚なゴシック様式で、その堂内は畳敷きになっている。また、正面の祭壇がある場所は、禁教時代に厳しい踏絵が行われていたところでもある。
 
1569年、ルイス・デ・アルメイダ神父によってキリスト教の布教が行われたこの地では、1638年の禁教令以後、激しい弾圧を受けながらも240年間に渡って隠れキリシタンとして信仰が守られてきた。
 
この教会は海の天主堂とも呼ばれ、教会が建つ漁港一帯は、平成8年、日本の渚百選キリシタンの里 﨑津に選ばれ、平成13年には、日本のかおり風景100選河浦 﨑津天主堂と海、平成23年には、天草市﨑津の漁村景観が国の重要文化的景観にも選ばれている。

なお、教会内は撮影は禁止になっています。


いいニャ~と思って頂けましたらポチットお願いします。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

プロフィール

大分ナシカ

Author:大分ナシカ
九州温泉県 大分県在住

風景写真、列車、人物、鳥、お花などの写真がメインのブログです。

九州大分県から色々な情報を発信してゆきます。

ブログ村

ページビューポイント

ブログ村

最新トラックバック

カテゴリ

犬 (5)
滝 (7)
船 (1)

counter

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

お手紙はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR