幣立神宮


本殿
IMGP2062.jpg
神宮の森

社伝によれば、神武天皇の孫である健磐龍命が、阿蘇に下向した際この地で休憩し、眺めがとても良い場所であると、幣帛を立て天神地祇を祀ったという。

その後、延喜年間(901年 - 923年)、阿蘇大宮司友成が神殿を造営し伊勢両宮を祀り幣立社と号した。天養元年(1144年)には、阿蘇大宮司友孝が阿蘇十二神を合祀し大野郷の総鎮守とした。

現在の社殿は、享保14年(1729年)、細川宣紀により改修されたもの。明治6年(1873年)、郷社に列した。なお、天孫降臨の伝承を持つ高千穂にも近く、他にも神話、伝承などが伝わる。





にほんブログ村
スポンサーサイト

蘇陽峡



IMGP2052_201512222031183e7.jpg

IMGP2049.jpg

蘇陽峡(そようきょう)は阿蘇の南外輪山に連なる標高550mの高原にあり、五ヶ瀬川が長年にわたって侵食してできた渓谷です。 高千穂渓谷の上流に位置しU字型の渓谷の幅は200mから300mで深さも150mから200mもあり、 切り立った絶壁は約13kmも続いています。

九州のグランドキャニオンと呼ばれており渓谷沿いに遊歩道も整備されています。

渓谷を一望できる所に長崎鼻展望所というのがあり、そこからは谷を流れる五ヶ瀬川や桑野内ダムが見え 、四季折々の絶景を楽しむことができます。特に紅葉シーズンには素晴らしい景観を見ることができます。

国立公園の父とよばれる田村博士が我が国で殆ど無類の大渓谷と絶賛した蘇陽峡は日本紅葉百選 日本渓谷百選に選ばれています。


撮影場所は長崎鼻展望所ですがここから先は道が非常に狭くなっている関係で離合ができないので地元の車でないと通行することができません。




にほんブログ村

プロフィール

大分ナシカ

Author:大分ナシカ
九州温泉県 大分県在住

風景写真、列車、人物、鳥、お花などの写真がメインのブログです。

九州大分県から色々な情報を発信してゆきます。

ブログ村

ページビューポイント

ブログ村

最新トラックバック

カテゴリ

犬 (5)
滝 (7)
船 (1)

counter

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

お手紙はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR