FC2ブログ

海上保安庁 やまくに

4
関崎灯台の近くを通る海上保安庁の巡視船やまくにです。名前から行くと大分の船になります。船  型 350トン型巡視船 番号・船名 PM29 やまくに 所  属 大分海上保安部 全  長 56.0メートル 総トン数 335トン 関崎海星館で猛禽類の渡りを撮影していると船、運が良ければ大分空港に着陸するジェット機が通ります。他にも蝶々やお花などもたくさんありますよ。...

掃海母艦 ぶんご

-
海域の安全を図るため、同じ任務を負う航空機や掃海艇の移動基地として、燃料や物資の補給などを行う軍艦で、前甲板に62口径76mm単装速射砲1基を備える。また小型船舶対処用として12.7mmM2重機関銃数挺を武器庫内に格納しており必要に応じて使用する。日本では海上自衛隊がうらが、ぶんごなどの掃海母艦を運用している。国内外への災害派遣にも活用され、その際は救援物資の輸送や被災者への支援などを担う。 艦名は豊後水道から命...

スカイブルーの関の一本釣り漁船

-
皆さんの住んでる地域の高級料亭にもあると思うのですが豊予海峡の荒波にもまれた身がプリプリの関アジ関サバの1本釣りをする漁船になります。関アジ関サバの1本釣りの漁師さんはこのような黄色い旗を船尾に掲げています。この日はあまりお天気も良くなくておまけに漁船も少なければ猛禽類も空振りでなにかないかとwwwそうしたらこのカラフルなおそらく佐賀関でもこの色の船はこれだけだと思います。...

漁業取締船はつかぜ

4
漁業取締船はつかぜは大分県が密漁や操業を監視するために就航させている取締船です。ウォータージェット推進で、強力なサーチライトに加え近赤外線カメラも装備している最新鋭の漁業取締船です。初代はつかぜが老朽化したのに伴い新造されました。実際、関崎海星館でその様子を見ることができるのですが怪しいとにらんだ船のそばでじっと監視をしている光景をよく目にします。...

水の子灯台と自動車運搬船と宇和島運輸フェリー

6
自動車運搬船らしき船が試運転をしていたみたいで関崎海星館の前を通って南日本造船へ向かっているようでした。同時に宇和島運輸フェリーも沖を通過中でした。それよりビックリしたのは肉眼でははっきり見えない佐伯市の鶴見半島の沖にある水の子灯台をカメラはハッキリ映し出しているのです。この灯台までは直線距離で約30キロ近くはあると思います。灯台のストライプまで見えているので撮影してみてビックリしました。...