FC2ブログ

九州鳥物帳

安心院町の鏝絵

6
なぜ安心院には鏝絵が多いのかそれはまず腕のいい左官職人さんがたくさんいたことである。安心院では長野鐵蔵、山上重太郎、佐藤本太郎の作品が数多く見られます。中でも、長野鐵蔵は14人もの弟子をかかえる棟梁で安心院町龍王地区に墓も残っておりその墓に14人の弟子の名前も刻まれている。あと隣の宇佐市長洲は漁業の町で海岸線が遠浅になっており貝類が豊富その貝殻を木炭と交互に重ね焼いた灰から漆喰を製造した。また安心...