FC2ブログ

九州鳥物帳

赤松橋(めがね橋)

6
日出町内で唯一の石拱橋である。明治23年頃国道10号線が開通したが、赤松区上川久保渡りは、釣橋や木橋が架けられていたため、いずれも八坂川の洪水のたびに流失することが多かった。大分県は恒久的な橋の架設を計画し、明治29年9月に着工、同30年9月にこの石拱橋が完成した。総工費13,500円、橋長47m、幅員5.9m、高さ3.7m、二つのアーチは各々18.5m、高欄を付けている。通称“赤松のめがね橋”と呼ばれたが、国道10号線に新しく鉄橋...