FC2ブログ

九州鳥物帳

キリシタン大名大友宗麟公墓地公園

9
大友宗麟公は1530年に府内で生まれ21歳の若さで大友氏21題城主となり豊前、豊後、筑前、筑後、肥前、肥後の6ヶ所と日向、伊予の各半分を領し大友氏の黄金期を築きました。日本に初めてキリスト教を伝えた聖サンフランシスコザビエルを迎えてキリスト教を信仰したため信者も増えて府内には西欧文化が栄えていました。1586年島津氏と戦って破れ1587年津久見市の住居で帰天しました時に58才の若さ。葬儀は神父たち...