FC2ブログ

九州鳥物帳

法心寺(加藤清正公)

4
法心寺は、慶長6年(1601)肥後藩主(熊本県)加藤清正によって建立されました。 当時、鶴崎は肥後の飛び地になっており、交通の重要なところでした。参勤交代の時など熊本城を出て、阿蘇を越え、鶴崎の港から出港し、瀬戸内海を経て海路、大阪・江戸へ向かったのです。 清正公は、法華経の熱心な信者でした。自分の寝泊まりする、鶴崎の地に南無妙法蓮華経のお題目を唱える道場がなくてはということで京都本圀寺常林院日榮...