FC2ブログ

九州鳥物帳

馬渓橋

8
山国川の右岸は天領(幕府領)で代官道が通り、左岸が中津藩領で双方の道を結ぶ橋がなく、船渡しや仮橋で往来をしていましたが、当時の仮橋は、大雨で幾度となく流されてしまう。そのため、大正3年に下城井橋が架けられたが、この橋も大正11年に流出。その翌年、近代化が進む大正12年に、現在の眼鏡橋に架け代えが行われ、橋名を馬渓橋としました。馬渓橋となってからは、85年余り経た現在も健在で、3連アーチの羅漢寺橋、青...