FC2ブログ

九州鳥物帳

津屋崎千軒 藍の家

10
津屋崎千軒 藍の家は染物屋を営んでいた上妻家の住まいとして五代目上妻善兵衛氏が明治34年8月に建設したものです。この主屋と井戸屋形がその歴史的価値の高さや建築時の姿をよく残していることなどから国の有形文化財に登録されています。町屋形式の当時の状態が非常によく残されていて三和土の広い土間やからくり仕掛けになっている折り畳みの収納できる雨戸や揚げ戸になっていて取り外せる雨戸。塩木と呼ばれる数年間海水に...