FC2ブログ

九州鳥物帳

羽犬伝説

15
この伝説は2種類の伝説が残されています。ひとつは、昔この地に羽の生えたどう猛な犬がいたというものです。羽犬は旅人を襲ったり家畜を食い殺したりして住民から恐れられていた。天正15年(1587年)4月、天下統一をめざす豊臣秀吉は薩摩の島津氏討伐のため九州に遠征、この時羽犬によって行く手を阻まれた。大軍を繰り出しやっとの思いでそれを退治した秀吉は、羽犬の賢さと強さに感心し、この犬のために塚をつくり丁寧に葬った...