FC2ブログ

九州鳥物帳

水田天満宮

8
水田天満宮は、御祭神 菅原道真公をお祀りいたし鎌倉時代の嘉禄二年(鎌倉時代1226年)に菅原長者大蔵卿為長朝臣が後堀河天皇の勅命により建立し、明治維新までは後堀河天皇 勅願所の提灯が御本殿の左右に灯されていました。 御神領は、天文・天正年間には623町余り、慶長6年に田中吉政公から一千石と石鳥居・石灯籠が寄進。 元和7年には幕府の上使松倉豊後守から一千石、久留米藩主有馬豊氏公から二百五十石と御神鏡三面、柳川藩主立花...