新西海橋と旧西海橋



IMGP0248.jpg

IMGP0251.jpg

IMGP0252.jpg

IMGP0253.jpg


日本三大急潮のひとつといわれる針尾瀬戸により、長い間陸の孤島であった西彼杵半島と佐世保市を陸路で結び、半島における産業の振興、開発の促進を目的に架けられた。

1951年に着工し、1955年10月に竣工。同年12月より供用を開始した。

総事業費は5億6,000万円で、完成時には固定アーチ橋として世界で3番目の長さを誇っており、日本の橋として初めて支間長200メートルを超えた長大橋であった。技術的に卓越した存在であるに留まらず、針尾瀬戸のランドマークとなる機能美をも備え、橋自体が観光スポットとして広く知られている。

当初は有料橋であり、供用開始時より午前10時から午後8時までバスは500円、普通車が200円の通行料金が徴収、後に徒歩による通行料として10円が設定された。

その後、1965年頃より、地元住民および橋の利用を増加させ、観光客を誘致したい佐世保市が橋の無料化を要求し、1970年に無料化された。

同橋の完成により、長崎-佐世保間の陸路による最短ルートがそれまでの大村市経由から西彼杵半島経由となった。 また、西彼杵半島では橋の建設を契機として半島全体の総合開発の機運が高まり、主要道路の舗装・改良工事が進展した。

1枚目の写真が新西海橋で2枚目の写真が旧西海橋です。個人的には旧西海橋の方が好きですが皆さんはどうでしょうか?

なお一番最後の写真は九十九島遊覧船パールクイーンから順光で撮影したプレジャーボートです。

運が良ければ渦潮が見れるスポットなんですが今回は残念でした。


いいなと思って頂けましたらポチットお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

大分ナシカ

Author:大分ナシカ
九州温泉県 大分県在住

風景写真、列車、人物、鳥、お花などの写真がメインのブログです。

九州大分県から色々な情報を発信してゆきます。

ブログ村

ページビューポイント

ブログ村

最新トラックバック

カテゴリ

犬 (5)
滝 (7)
船 (1)

counter

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

お手紙はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR