FC2ブログ

九州鳥物帳

筑後川昇開橋

12
筑後川昇開橋は、国鉄佐賀線の鉄道橋梁として建設され、1935年(昭和10年)5月25日に開業しました。船運との共存のため橋桁の一部が垂直方向に上下する昇開橋で、日本に現存する昇開橋としては最古のものです。全長507.2m、可動部分の長さは24.2m、昇降差は23mの高さがあり、橋の設計・施行に中心的役割を果たしたのは鉄道技師の釘宮磐氏(当時の鉄道省熊本建設事務所長)、昇開橋の仕組みそのものは当時鉄道省の技師であった坂本...