FC2ブログ

九州鳥物帳

マツモトセンノウ

6
マツモトセンノウ花は茎先や葉の脇につき、深い紅色から淡い紅色まで変異がある。 花弁は5枚である。 花弁の先は浅く2つに裂け、さらに不規則な歯牙がある。園芸品種には、赤、白、橙色、桃色、絞りなどのものがある。葉の特徴葉は長い卵形で、向かい合って生え葉にも毛が多い。花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。環境省のレッドデータリスト(2007)では、絶滅危惧II類(VU)...