FC2ブログ

九州鳥物帳

真名野長者伝説 般若姫

8
大和朝廷の時代都に顔に醜い痣のある姫がいたが、仏のお告げに従って豊後国深田に住む炭焼き小五郎の許へ行き夫婦になる。2人は数々の奇跡により富を得て長者となり、1人の娘が生まれた。般若姫と名付けられた娘は都にまで伝わるほどの美女に成長し、1人の男と結婚するが、実はその男は都より忍びで来ていた皇子(後の用明天皇)であった。皇子は天皇の崩御により都へと帰ることになったが、姫は既に身重であった為、男の子が産ま...