FC2ブログ

九州鳥物帳

しつこくハヤブサ

6
全長42cm(オス)、49cm(メス)。ほぼカラス大の鳥。背側は黒っぽく、腹側は白色で細かいしま模様があり本州以北の断崖に巣をつくりますが、最近は街中のビルなどの建造物に巣をつくる例も増えています。日本で見られる多くは冬鳥として渡来平地で生息します。大分県では佐賀関半島にいるハヤブサは留鳥であると思われます。狩りをするときは、翼をすぼめて急降下し、獲物を脚で蹴り落としたり、空中でわしづかみします。飛んでい...