FC2ブログ

九州鳥物帳

延岡花物語 花嫁道中(コノハナサクヤ姫と二二ギのミコト)

8
コノハナサクヤヒメ命は、山の神の総元締である大山津見神(オオヤマヅミノカミ)の娘であり、アマテラス神の孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)と結婚して日継の御子を生む母神です。絶世の美女とされ、桜の花が満開になればやがて散るように、この神は美しさと共に花の命の儚さも象徴しています。古事記によると、高天原から降臨した天孫ニニギ尊が結婚を申し込むと、コノハナサクヤヒメ命の父神であるオオヤマズミ神は大いに歓んで...