FC2ブログ

九州鳥物帳

500mmで睡蓮

6
水位が安定している池などに生息し、地下茎から長い茎を伸ばし、水面に葉や花を浮かべる。葉は円形から広楕円形で円の中心付近に葉柄が着き、その部分に深い切れ込みが入っていて葉の表面に強い撥水性はない。多くの植物では気孔は葉の裏側にあるが、スイレンでは葉の表側に分布する。根茎から直接伸びる花柄の先端に直径5-10cmほどの花をつける。睡蓮の字にはきちんと名前の由来があり朝方から咲いて夕方につぼむので眠るという意...