FC2ブログ

九州鳥物帳

国の名勝 旧蔵内邸

2
旧蔵内邸は明治時代から昭和初期まで福岡県筑豊地方を中心に炭鉱を、また大分県などで錫や金の鉱山も経営した戦国時代の豊前の国地頭、宇都宮氏の家臣の蔵内次郎作、保房、治郎兵衛の蔵内家3代の本家住宅になります。邸宅は明治39年頃に母屋と応接間棟、庭園が造営され大正5年の蔵内鉱業設立と同時に大玄関や茶室、大広間などが池庭に面して大増築されました。また隣接する貴船神社と鳥居、参道、石橋などとも一体として建設さ...