FC2ブログ

九州鳥物帳

渡り途中のエゾビタキ

2
夏季にシベリア南部、サハリン、カムチャツカ半島南部等で繁殖し、冬季はフィリピン、セレベス島、ニューギニア等へ南下し越冬する。日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に飛来する。一般的に秋の方が通過数が多く、各地で普通に見られる。全長約15 cm、翼開長は約26 cm。スズメより少し小さく、サメビタキ、コサメビタキよりも一回り大きい。雌雄同色である。背面は灰褐色、腹面は白い体羽で覆われ腹面には暗褐色の縦縞が明瞭に...