Welcome to my blog

九州撮り物帳

Article page

山野草シリーズ 6

Category - お花

ゆうすげ
IMGP9217.jpg
サラシナショウマ蕾
IMGP9211.jpg
ゆうすげ正面から
IMGP9216.jpg
サラシナショウマ開花後
IMGP9213.jpg
キクバヤマボクチ

キクバヤマボクチとは

細い針状のイガグリのような形で夏を過ごし、10~11月ごろ花を開きます。花の色は淡黄色か淡紫色で、渋い美しさがあります。

菊葉山火口(キクバヤマボグチ)の名は、下部の葉が裂け菊の葉に似ていて山に生え、火口(ホクチ)に用いたことで付きました。火打ち石から火花を受けるのに、葉の裏に密生する白い綿毛を採って使ったのです。
 
草地や林縁に生える、高さ70~100センチメートルほどの多年草です。近畿以西の本州、四国、九州に分布。生育しますが大分県では限られた火山帯に点在するくらいの希少な花です。
 
キクバヤマボクチは若芽を餅に入れたり、根や若い茎を食用にできます。
 
キク科ヤマボクチ属は、世界に4種、日本に3種あり、大分県の湯布院、久住の山地には、葉場山火口(ハバヤマボクチ)があります。
 
キク科の花は、一つの花に見えるものが、実は小さな花の集合体です。小花は小さいながら雌しべ、雄しべなどをもつ立派な花なのです。小花の集合体を包んでいるのが総苞で、全体を頭花と呼んでいます。
 
キクバヤマボクチは、茎の上部で細い枝を分け、枝先に直径3.5センチメートルほどの頭花を一つずつ付けます。
 
キク科の頭花は実に多様で種子植物の中で最も種類が多く2万種を超え、最も進化した科とされています。


いいな綺麗だなと思って頂けましたらポチットお願いします。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category - お花

6 Comments

onorinbeck  

おはようございます。
キクバヤマボクチ!貴重な開花の写真ですねー
キク科とは思えない形ですけど、この花、好きだなあ・・・

2014/10/11 (Sat) 08:44 | REPLY |   

さゆうさん  

おはようございます。
ユウスゲの色が素敵ですねー。
この花は此方では自生していない花なので珍しく拝見しました。

2014/10/11 (Sat) 09:34 | REPLY |   

FLORENTIA55  

フローレンスからボンジョルノ なんとも優しい色合い。。。良いデスねぇ。気持ちがゆったりしてリラックス気分になれました。グラッチェのp

2014/10/11 (Sat) 18:42 | EDIT | REPLY |   

大分ナシカ  

onorinbeckさんへ

onorinbeckさん!(^^)!

同じ種類のハバヤマボクチはけっこうたくさんあるんですがキクバヤマボクチは本当に滅多に見ることがありません(*^^)v

いつも応援ありがとうございます。

2014/10/11 (Sat) 21:00 | REPLY |   

大分ナシカ  

さゆうさんへ

さゆうさん!(^^)!

ゆうすげは花弁が透き通って見えるんですよ実際に見たらすごく綺麗で淡い黄色です(*^^)v

いつも応援ありがとうございます。

2014/10/11 (Sat) 21:02 | REPLY |   

大分ナシカ  

FLORENTIA55さんへ

FLORENTIA55さん!(^^)!

人間が癒されるのは風景写真なんだそうですお花も良いとは思うんですがどうなんだろう?

いつも応援ありがとうございます。

2014/10/11 (Sat) 21:04 | REPLY |   

Post a comment