大分ナシカ

大分ナシカ



湿地に自生し発芽直後の葉間中央から純白の仏炎苞と呼ばれる苞を開く。

これが花に見えるが仏炎苞は葉の変形したものである。

仏炎苞の中央にある円柱状の部分が小さな花が多数集まった花序。

開花時期は低地では4月から5月、高地では融雪後の5月から7月にかけて。葉は花の後に出る。

根出状に出て立ち上がり、長さ80 cm、幅30 cmに達する。


サトイモ科


にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
Cat  

私のように真っ白で可憐なミズバショウ綺麗です♪

名前だけは有名なミズバショウ?
写したくてもその場所や時期を調べないと難しいですよね^^

白いところがどうしても花に見えます(笑

2017/05/03 (Wed) 05:36 | EDIT | REPLY |   
大分ナシカ  
Catさんへ

Catさん!(^^)!

童謡を思い出してください(笑)夏がくれば思い出す遥かな尾瀬遠い空ってことで尾瀬には大群落があるそうです(*^^)v

このお花は大分で撮影した物です。

葉っぱの色がすごく綺麗ですよ。

いつも応援ありがとうございます。

2017/05/03 (Wed) 16:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply