FC2ブログ

大分ナシカ

大分ナシカ




DSC_6191.jpg

DSC_6210.jpg

汽水域で皆さんも1度は見かけたことがあるトビハゼ、国内では東京湾より南の各地から沖縄島 に分布し、国外では朝鮮半島や中国、台湾に分布している。

ほかのハゼ類と同様、体は側扁し細長く 体色は灰褐色や褐色などで、横縞に見える暗色の斑がある。

また、口は小さく、鰓穴も小さい。

眼は上方に突出し、両眼の間隔は狭い。

飛び出したような眼は、なんとも言えない愛嬌がある。またこの眼は引き込むことが出来る。

腹びれは吸盤状になっており、胸びれの基底の筋肉が発達していて、胸びれを自由に動かすことができる。

トビハゼは内海や汽水域の、泥の多い干潟などに生息するが、この胸びれをうまく使って、干潟の上を這いまわることが出来る。

また、尾びれを使って、飛び跳ねることで移動することも出来るが、トビハゼは空気中でも皮膚呼吸をすることが出来るので、かなりの時間を陸上で過ごすことが出来る。

よく干潟に行くと石の上に居る姿を見ることが出来る。

冬は巣穴に潜って冬眠するが、4~10月頃には、干潟で活動する姿が見られる。

特に、干潮時には活発に活動し、泥の上を這いまわって甲殻類や多毛類などの小動物を捕らえる。

産卵期は6~8月で、この時期には、雄は泥中に巣穴をつくり縄張りはる。

巣穴は、ほぼ垂直に掘られ、雄は雌を呼び込むため、飛び跳ねて求愛行動を示す。

ふ化した仔魚は海中に泳ぎ出て、しばらくの期間は浮遊生活をするが、全長15mm程度に成長すると干潟へ向かう。

このトビハゼ昔は食べられていたようであるが現在は干潟の減少により生息数を減らしており環境省レッドリスト準絶滅危惧種に指定され保護が行われているようです。
スポンサーサイト



Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
むく  
鯊日和

こんばんは!
ハゼを見ていると、ひょうきん者だという感じがしますね^^
・鯊日和群鷺低く飛ぶ入江/むく(旧詠)

2018/09/24 (Mon) 01:00 | EDIT | REPLY |   
Cat  

ホントなんとも愛嬌のある顔です
体形もですが・・・(笑

海は遠いので最近見たことが無いです
…って多分ゆっくり海岸で何かを見る事という事が
無くなっている気がしますが^^;

2018/09/24 (Mon) 04:33 | EDIT | REPLY |   
あやみん  

ムツゴロウかと思った^^
なんか可愛いらしいね^^vv

2018/09/24 (Mon) 12:30 | EDIT | REPLY |   
大分ナシカ  
むくさんへ

むくさん!(^^)!

トビハゼは小さくて動き回る姿がとっても可愛い魚です(*^^)v

けっこう頻繁に見かけるので絶滅が危惧されているとは思いませんでした。

いつも応援ありがとうございます。

2018/09/24 (Mon) 16:43 | EDIT | REPLY |   
大分ナシカ  
Catさんへ

Catさん!(^^)!

目が飛び出てるから可愛いんですよトビハゼ(*^^)v

干潟にシギチを探しに出かけた時に見てくださいね。

とっても小さくてピョンピョン可愛いですよ~

いつも応援ありがとうございます。

2018/09/24 (Mon) 16:45 | EDIT | REPLY |   
大分ナシカ  
あやみんへ

あやみん!(^^)!

ムツゴロウと仲間なので若干似てると思う(*^^)v

干潟に行けばけっこう見かけます。

いつも応援ありがとうございます。

2018/09/24 (Mon) 16:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply