FC2ブログ

大分ナシカ

大分ナシカ



アオバト撮影中にやってきた大型のトンボで撮影した時はオニヤンマだと思っていたのですがネットで特徴を調べて出た答えがコオニヤンマ。サナエトンボ科のトンボでした。

北海道、本州、四国、九州に分布する。また、佐渡島、淡路島、壱岐、対馬、五島列島、種子島などの離島にも分布している。

成虫の特徴:腹長は雄約53~66mm、雌約52~62mm、後翅長は約22~29mm。雌雄とも後翅長約47~56mmでほとんどかわらない。北海道や山岳地帯など比較的寒冷な地域のものは小さい。

サナエトンボ類のなかで最大の種類で、世界でも屈指の大きさにランクされる。

体のわりに頭の小さいトンボで、複眼の斜めうしろに1対の角状突起があり、また後頭部の後縁が平たく盛り上がって1対の三角状の突起となっている。

幼虫の特徴:体長約31~35mm、頭幅約8~9mm。赤褐色あるいは黒褐色の著しく扁平な広葉状あるいはうちわ状の特異な体形をしたヤゴである。

普段オニヤンマと思って見ているトンボも実はコオニヤンマかもしれませんよね~
スポンサーサイト



Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
Cat  

コオニヤンマって大きいんですか!

オニヤンマを見ても見過ごしてましたが
次からは写真写しますwwww

2018/12/19 (Wed) 05:39 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

そうなんだ!
オニヤンマ、成田の森に行くとビュンビュン飛んでるんだけど、止まってくれなくて、いつも撮れないんですわー。

2018/12/19 (Wed) 09:16 | EDIT | REPLY |   
あやみん  

トンボさんも種類がいっぱいなんやね~。
こんな近くでトンボさん見ることないから
なんか新鮮^^

2018/12/19 (Wed) 09:37 | EDIT | REPLY |   
大分ナシカ  
Catさんへ

Catさん!(^^)!

デカイんです(笑)判別方法は目の間隔が広いのがコオニヤンマ(*^^)v

それと止まる時にこのような木などに止まるのがコオニヤンマ。

オニヤンマは木にぶら下がるように止まります。

そういう理由からコオニヤンマだと断定しました。

いつも応援ありがとうございます。

2018/12/19 (Wed) 18:39 | EDIT | REPLY |   
大分ナシカ  
onorinbeckさんへ

onorinbeckさん!(^^)!

その通りでオニヤンマはほとんどとまりません(*^^)v

コオニヤンマはこのような場所や平たい石などにとまります。

いつも応援ありがとうございます。

2018/12/19 (Wed) 18:41 | EDIT | REPLY |   
大分ナシカ  
あやみんへ

あやみん!(^^)!

これ望遠で写してるから近く見える(*^^)v

実際はちょっと離れているのを撮影しました。

いつも応援ありがとうございます。

2018/12/19 (Wed) 18:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply