太宰府天満宮



IMGP5671.jpg

IMGP5669.jpg

IMGP5670.jpg


道真公は、承和12年(845)に京都でお生まれになり幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。

しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、延喜3年(903)2月25日、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館において、ご生涯を終えられました。

門弟であった味酒安行うまさけ やすゆきが御亡骸を牛車に乗せて進んだところ牛が伏して動かなくなりこれは道真公の御心によるものであろうとその地に埋葬されることとなりました。

延喜5年(905)、御墓所の上に祀廟しびょうが創建され、延喜19年(919)には勅命により立派なご社殿が建立されまた。 その後、道真公の無実が証明され、天満大自在天神という神様の御位を贈られ天神さまと崇められるようになりました。

長い年月、道真公へのご崇敬は絶え間なく続き、御墓所でもある太宰府天満宮は全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、今日でも多くの参拝者が訪れています。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

昨年の夏、20数年ぶりに行きました~。
福岡行っても大宰府天満宮はなかなか行かないもんね~。
中学生の頃、高校受験合格祈願に行って以来。

太宰府天満宮いいですね。
ここ数年行ってないな。
長男が年末帰って年越しして良く
行きたい…と言ってましたね。
もう帰って来ることは数年は
ないかな?

桜子ちゃんへ

桜子ちゃん!(^^)!

太宰府は何回行ってもいいわ~(^^)v梅が枝餅食べるのが目的やけどな~(笑)

いつも応援ありがとうございます。

B&Mさんへ

B&Mさん!(^^)!

太宰府天満宮は学問の神様だから息子さん行きたいのかな(^^)v

朱色のお宮さんはなんとなく好きなんです。

いつも応援ありがとうございます。

こんばんはー、
 ここが有名な大宰府天満宮ですか!
流石に立派ですねー!湯島天神は、こちらに比べたら
小さいもんです(笑)
1枚目の写真!アイデアですねー。めっちゃええわー!(^^)!

onorinbeckさんへ

onorinbeckさん!(^^)!

太宰府はさすがに大きいですよ。わが大分県の宇佐八幡宮も負けないくらいの広さはありますけど(^^)v

一枚目の写真は写真の投稿サイトで見かけるんで真似をしてみましたよ~けっこうええわ~(笑)

いつも応援ありがとうございます。

フローレンスからボンジョルノ アイデアいいわぁな冒頭のパチッですね。目線があってる男性はドナタ様?なんかとってもリアルな存在感。朱色に元気をいただきました。グラッチェp

フローレンティア55さんへ

フローレンティア55さん!(^^)!

どなたか存じ上げませんがしっかりカメラ目線でした(笑)

いつも応援ありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

大分ナシカ

Author:大分ナシカ
九州温泉県 大分県在住

風景写真、列車、人物、鳥、お花などの写真がメインのブログです。

九州大分県から色々な情報を発信してゆきます。

ブログ村

ページビューポイント

ブログ村

最新トラックバック

カテゴリ

犬 (5)
滝 (7)
船 (1)

counter

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

お手紙はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR