Welcome to my blog

九州撮り物帳

Article page

工房とったんまたいちの塩

Category - 糸島市


IMGP8343.jpg

IMGP8340.jpg

IMGP8338.jpg

福岡県の西部佐賀県にほど近い所に位置する自然豊かな糸島半島半島の西側をひたすら走りアスファルト舗装がきれガタガタ道を進んでゆくとそこに(製塩所)工房とったんが見えてくる。人気のないこの海で玄界灘の内海、外海がぶつかり合い山と海の豊富なミネラルを含んだ美味しい塩が生まれる。

太陽の光、薪の火だけで作られるまたいちの塩はたくさんは作ることはできないのです。

豊かな藻場がある糸島半島福の浦より汲み上げるミネラル豊かな海水を一番下の写真の竹箒を逆さまにしたような濃縮設備に吹き付け太陽の光線で水分を飛ばし濃縮された海水をさらに薪で炊き上げて作られたまたいちの塩は素晴らしい塩だと思います。

その味わいは妥協を許さない一品です。


いいなと思って頂けましたらポチットお願いします。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category - 糸島市

8 Comments

kanageohis1964  

こんにちは。

こういう「枝条架」を使う製塩方法は明治に入ってからのもので、それまでは枝の代わりに程よい肌理の砂を使う方法でしたが、何れにしても当時はまだ桶で海水を汲んできてはこれらにかけて廻る訳ですから、とてつもない重労働だった様ですね。今はポンプを使って海水を汲み上げているにしても、労力の掛かる仕事であることは変わらないでしょうね。

2014/08/22 (Fri) 07:54 | REPLY |   

B&Ⅿ  

妥協を許さない一品の塩。
いいですね。
塩に拘って只今、三種類の塩を家庭で使っていますよ。
その時の材料にあわせて塩を使い分けていますが。
こだわりの塩の一つにほしいな~。

2014/08/22 (Fri) 08:50 | REPLY |   

大分ナシカ  

kanageohis1964さんへ

kanageohis1964さん!(^^)!

現在も昔ながらの製法で作られたまたいちの塩美味しくないわけがないですよね(^^)v

中では職人さんが薪で煮詰めて塩を作ってました素晴らしいですよね。

いつも応援ありがとうございます。

2014/08/22 (Fri) 18:26 | REPLY |   

大分ナシカ  

B&Mさんへ

B&Mさん!(^^)!

えへへお塩もいいんだけどこの後に登場するスイーツはここのお塩を使ったスイーツなんですお楽しみにね(^^)v

いつも応援ありがとうございます。

2014/08/22 (Fri) 18:28 | REPLY |   

桜ヶ瀬の写真散歩  

こんにちは♪
時の流れと人間味ある味わいの塩♪
凄く貴重なお塩ですよね~!
けっこう塩にハマッていますが…あまりお高いモノは手が出ないのが悔しい…(((^_^;)
充電完了しました~(*^^*)ノ

2014/08/22 (Fri) 18:50 | REPLY |   

大分ナシカ  

桜ケ瀬さんへ

桜ヶ瀬さん!(^^)!

充電期間が長かったですね~(笑)これからバンバンお願いします(^^)v

いつも応援ありがとうございます。

2014/08/22 (Fri) 19:06 | REPLY |   

FLORENTIA55  

フローレンスからボンジョルノ 美味しいだろうなぁこの御塩!良いですねぇ。p

2014/08/22 (Fri) 21:16 | EDIT | REPLY |   

大分ナシカ  

FLORENTIA55さんへ

FLORENTIA55さん!(^^)!

この後に登場するスイーツにもこのお塩が使われていてとっても美味しゅうございました(^^)v

いつも応援ありがとうございます。

2014/08/22 (Fri) 21:37 | REPLY |   

Post a comment